NEWS
2018年10月14日 22時12分 JST | 更新 2018年10月14日 22時12分 JST

巨人・菅野智之、CS史上初のノーヒットノーラン。「高橋由伸監督と1日でも長く野球を」

ヤクルトに2連勝し、広島とのファイナルステージに挑みます

力投する巨人先発の菅野智之投手=10月14日、神宮球場
時事通信社
力投する巨人先発の菅野智之投手=10月14日、神宮球場

プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)で10月14日、巨人の先発、菅野智之投手がCS史上初のノーヒットノーランを達成した。巨人は4-0でヤクルトとのファーストステージを制し、17日から始まるファイナルステージで、広島との6連戦に挑む。

高橋監督と1日でも長く野球を...

ヒーローインタビューで菅野投手はファンに感謝を述べ「最高の気分です!」と第一声。

「なんて表現していいか分からない。達成感がすごくあります」と満面の笑みを見せた。バッテリーを組む小林誠司捕手にとっては、2度目のノーヒットノーラン。菅野はこの試合で「6回から意識した。小林も意識してくたんだと思う」と話した。

また「昨日もいい流れで、チームがつないでくれたので何とか波に乗って今日も投げることができました」と、打線の援護にも感謝した。

今季、巨人の高橋由伸監督は辞任することが決まっている。

シーズン最後の試合になる広島戦について聞かれた菅野投手は「挑戦者なので、高橋監督と1日でも長く野球をできるように、最後までフル回転で頑張りたいと思います」と、意気込みを語った。