アート&カルチャー
2018年10月17日 10時50分 JST | 更新 2018年10月17日 10時52分 JST

「電車男」がアメリカでドラマ化へ。その名も「トレイン・マン」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2005年にフジテレビ系列で放送された人気ドラマ「電車男」が、アメリカでミュージカルドラマとしてリメイクされることになった。新しいタイトルは「トレイン・マン(Train Man)」。10月16日、国際テレビ番組見本市「MIPCOM(MIP)」で発表された。ハリウッド・レポーターなどが伝えた。

電車男」は、2ちゃんねるへの書き込みを基にした恋愛小説。気弱なアニメオタク青年が、電車内で酔っ払いに絡まれていた女性を助けてお礼を言われたことを2ちゃんねるに投稿したところから物語が始まる。2005年にドラマ化された際には、オタク青年を伊藤淳史が、エルメスと呼ばれる女性を伊東美咲が演じて話題となった。

時事通信社
インターネットの掲示板からヒットした「電車男」。

アメリカでリメイクされるドラマは、1話30分のシリーズで、1話ごとに2〜3曲のミュージカルナンバーが流れる予定だ。監督は、人気ドラマ「glee/グリー」などを手掛けたアダム・シャンクマンが務める。脚本は「HEY!レイモンド」のフィリップ・ローゼンタールとタッカー・コーリーが担当する。放送時期は未定。

シャンクマン氏は「こんな素晴らしいチームで働けるなんて、興奮する」などとコメント。コーニー氏は、このドラマ化プロジェクトに3年前から興味を持ったものの、アメリカの視聴者に最適な内容にするのに、3年かかったとしている。