WORLD
2018年10月22日 12時24分 JST | 更新 2018年10月22日 12時24分 JST

ギリシャの湖畔が、大量のクモの巣で真っ白になる。いったい何が起こったのか?(画像集)

シュールな光景が広がっている。

驚くような光景が、ギリシャ北部にあるヴィストニダ湖の周りで広がっている。大量のクモの巣で覆われ、真っ白になってしまったのだ。

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

原因は、異常なほど気温が上がって、クモにとってご馳走となる蚊やブヨが増えたことだと専門家は考えている。

生物学者のエウテルペー・パーテッツィーニ氏はギリシャのAlpha TVで「原因は、蜘蛛の過剰に増えたことです。餌になる食べ物が豊富だったのです」と説明する。

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

ネットメディアのクオーツによると、クモの巣の範囲は1キロメートにも及ぶ。湖の周りにある植物やフェンス、協会の形をしたオブジェなど、ありとあらゆるものが真っ白になっている。

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

実は同じような現象が、1カ月前にギリシャ西部の街エトリコでも起きた。クモ学者のマリア・チャザキ氏はCNNに、巣を作ったのは小型のアシナガグモの一種だと述べている。

ただ、この現象はいつまでも続くわけではなさそうだ。生物学者のフォティス・パーガンティス氏は、気温が下がったら、ブヨが死んでクモの数も減るだろうと話している。

まるで異次元の世界に、足を踏み入れたよう。クモの巣に覆われた湖畔を写真で見てみよう。

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

ALEXANDROS AVRAMIDIS / REUTERS

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。