NEWS
2018年10月22日 17時28分 JST | 更新 2018年10月22日 17時44分 JST

まさか…。自動販売機で「とん汁」が買える時代が到来。でも、豚肉は入ってないよ。どういうこと?

伊藤園の広報担当者が、その理由を明かしました。

伊藤園提供
新発売された「とん汁」

寒い時期になると、欠かせなくなるのが温かい飲み物。ご飯に温かい豚汁は欠かせないが、なんと自動販売機で買える缶入りの「とん汁」が10月22日に発売された

これまで、みそ汁や大納言しるこ、特濃コーンポタージュなどのホット飲料を販売してきた伊藤園が、業界で初めて「豚汁」を飲料化した。ただし、本商品に豚肉は入っていない。

同社広報によると豚肉が入っていない理由は「豚肉はゴロゴロ感が弱い」とのこと。なお、こんにゃくは入っている。

開発段階では、けんちん汁や他のご当地汁も候補に挙がったという。しかし、調査の結果、一番人気があるとわかった「とん汁」が採用された。

Twitter上では、「これはちょっと飲んでみたい」や「豚肉のない豚汁ってただの汁じゃん」など、賛否両論が出ている。

価格は130円(税抜)で、全国のスーパー・コンビニ、自動販売機に順次導入される予定になっている。おしるこやコーンポタージュに並ぶ定番商品になるかも。