NEWS
2018年10月30日 10時36分 JST | 更新 2018年10月30日 10時36分 JST

『進撃の巨人』ハリウッド版実写映画化が決定

監督は『IT/イット“それ”が見えたら、 終わり。 』のアンディ・ムスキエティ氏

株式会社講談社
『進撃の巨人』26巻

「別冊少年マガジン」で連載中の『進撃の巨人』(著:諫山創)の、 ハリウッド版実写映画化が決定した。30日、講談社から発表された。

 同作は、巨人がすべてを支配する世界において、まだ見ぬ外の世界に憧れる少年・エレンらと巨人との戦いを描いたダークファンタジー漫画。2009年より別冊少年マガジン(講談社)で連載を開始し、2013年にはテレビアニメ化され、18年7月からアニメSeason3が放送されている。

 監督は『MAMA』『IT/イット"それ"が見えたら、 終わり。 』のAndy Muschietti(アンディ・ムスキエティ)、制作は『ハリー・ポッター』シリーズや『ゼロ・グラビティ』のHeyday Films(ヘイデイ・フィルムズ)、製作・配給はWarner Bros.(ワーナー・ブラザース)が担当することが決まっている。

関連記事

「ネギま!」の赤松健原作『UQ HOLDER!』TVアニメ化 10月放送

フランスの少年マンガ原作、アニメ『ラディアン』キャスト発表

アニメ『進撃の巨人』Season3 Part.2、来年4月よりNHK総合で放送

Linked Horizon、アニメ『進撃の巨人』3期EDテーマ発売決定

YOSHIKI feat.HYDE、『進撃の巨人』OPテレビ初披露決定 スペシャルver生演奏