NEWS
2018年11月02日 10時05分 JST | 更新 2018年11月02日 10時05分 JST

JAL副操縦士、飲酒の罪状認める 上限値の10倍のアルコール検出

英国の法律では、最長2年の懲役か罰金、またはその両方が科される可能性がある。

朝日新聞社
羽田空港のJALの看板=AP

JAL副操縦士、飲酒の罪状認める 上限値の10倍検出

 ロンドン発羽田行きの便に乗務予定だった日本航空の男性副操縦士(42)が、乗務直前に基準値を超えるアルコールが検出されたとしてロンドンの警察当局に逮捕された事件で、副操縦士は1日、ロンドンの裁判所に出廷し、罪状を認めた。今月29日に判決を受ける予定だ。

 副操縦士は1日、軽犯罪を扱う治安判事裁判所に出廷し、法律の上限を超える血中アルコール濃度で飛行任務を実行した罪を認めた。判決は今月29日、比較的重大な事件を扱う刑事法院で言い渡される。英国の法律では、最長2年の懲役か罰金、またはその両方が科される可能性がある。

 ロンドン警視庁によると、副操縦士は10月28日午後6時50分ごろ、ヒースロー空港で逮捕された。英PA通信によると、副操縦士は血液100ミリリットルあたり189ミリグラムのアルコールが検出された。これは、パイロットの上限である血液100ミリリットルあたりアルコール20ミリグラムの約10倍にあたる。

 英国では今年6月、上限の4倍以上のアルコールが検出された英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットが、懲役8カ月の有罪判決を受けている。(ロンドン=下司佳代子)

(朝日新聞デジタル 2018年11月02日 09時09分)

関連ニュース