NEWS
2018年11月04日 17時03分 JST | 更新 2018年11月04日 20時24分 JST

高嶋ちさ子、ダウン症の姉が小学生から「喋らないでくれる?」 フォロワーからは怒りの声

ダウン症の家族を持つユーザーからも意見が寄せられました。

2018年5月の高嶋ちさ子さん
高嶋ちさ子さんのInstagram投稿
2018年5月の高嶋ちさ子さん

バイオリニストで毒舌タレントとしても活躍する高嶋ちさ子さんが11月2日、Twitterを更新し、ダウン症の姉が通っている教会で、小学生から心ない言葉をかけられたことを明かした。「小学生に『ダウン症なんでしょ?喋らないでくれる?』と言われた」と、姉から憤慨の電話があったのだという。

高嶋さんは10月3日に放送された「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に家族で出演。特別扱いせずに姉と接する様子に、「素敵な家族」との声が上がっていた。

姉への小学生の心ない言葉を知った高嶋さんは、「教会変えなさいと言っといた。正解?」とフォロワーに問いかけた。これに対してTwitterユーザーからは、「正解」というコメントや、「みっちゃんが、教会を変えることはない」などの声が寄せられた。

高嶋さんと同じくダウン症の家族を持つユーザーからは、「ウチの娘もダウン症だが、何が悪いのかわからない。家の手伝いもしてくれるし、妹や認知症の祖母の世話もしてくれる」などと、当事者ならではのツイートも返信されていた。

高嶋さんはフォロワーからの反響を受けて、ツイートを投稿。

「皆さま多数の慰めのお言葉ありがとうございます」としながら、「けど、よく考えたらみっちゃんが先になんか気に触ること言ったのかもです...。問い詰めてみます。なんせ口の立つ頭脳派ダウン症なので」と、持ち前の「毒舌」ぶりを発揮した。