WORLD
2018年11月08日 10時53分 JST | 更新 2018年11月08日 10時53分 JST

「君は無礼だ。座って」トランプ氏、CNN記者と口喧嘩

自身に批判的な質問を打ち切った。

朝日新聞社
中間選挙の結果を受けてホワイトハウスで記者会見し、CNNのジム・アコスタ記者とやりとりするトランプ米大統領=7日、ワシントン、ランハム裕子撮影

トランプ氏がCNN記者と口論 「君は無礼だ、座って」

 米中間選挙から一夜明けた7日、トランプ大統領はホワイトハウスで記者会見を開いた。与党・共和党は上院で過半数を維持したものの、8年ぶりに下院の多数派を野党・民主党に明け渡した。トランプ氏は会見で、自身に批判的なCNNの記者と激しく口論した。 会見でCNNのホワイトハウス担当のジム・アコスタ記者は、トランプ氏が選挙戦終盤で中米からの「移民キャラバン」を犯罪と結びつけ、移民規制の強化を訴えたことについて、「彼らを悪者に仕立て上げていないか」などと質問した。

 トランプ氏は「あなたとは意見が違う。彼らは役者ではない。現実だ」などと答えた。さらに、アコスタ記者が「(移民は米国と)まだ何百マイルも離れている」として危機をあおっているのではと問うたのに対し、「私に国を運営させて欲しい。あなた方はCNNを運営する。うまくやれば視聴率が上がる。もう十分だ」と質問を打ち切った。

 アコスタ記者がマイクを取り上げられて着席すると、トランプ氏は記者を指さし、「CNNはアコスタ記者を雇っていることを恥ずべきだ。あなたは無礼だ。ひどい人間だ。CNNで働くべきではない」と述べた。さらに立ち上がって抗議するアコスタ記者に対し、「どうか座って下さい。フェイクニュースを報道するなら、国民の敵だ」と告げた。

(朝日新聞デジタル 2018年11月08日 08時27分)

関連ニュース