NEWS
2018年11月09日 13時08分 JST | 更新 2018年11月09日 13時08分 JST

ディズニーの動画配信「Disney+」2019年にスタート。Netflixへのコンテンツ供給は打ち切りへ

日本で提供されるかどうかは明らかにされていません。

Engadget日本版

米ディズニーは、提供準備中の独自動画サービスの名称が「Disney+」となると明らかにしました。

Disney+は米国にて2019年後半より提供される予定のオンデマンド型の動画配信サービス。Star Wars、Pixar、Marvel、ナショナル・ジオグラフィックといったブランドを含む、ディズニーが抱える多数のコンテンツが見放題となる、サブスクリプション型の料金プランも導入される予定となっています。

ディズニーによる動画配信サービスの立ち上げ自体は2017年8月に発表されており、今回、そのサービス名称と提供コンテンツが明らかにされた形です。現在、ディズニーは米国において、動画配信サービスのNetflixにコンテンツを提供していますが、Disney+の開始とともに、Netflixへのコンテンツ供給契約を打ち切り、Disney+での自社独占配信へと大きく舵を切ることになります。

Disney+の提供地域については、米国についてのみが発表されており、日本で提供されるかどうかは明らかにされていません。一方、ディズニーが公開したDisney+の予告サイトには、日本語版が存在しており、日本でのサービス展開も視野に入れている可能性はあります。

また、ディズニーは、21st Century Fox(21世紀フォックス)の買収を進めており、今後は「X-MEN」や「アバター」などの有力コンテンツも同社のキャラクターカタログに加わることになります。さらに、この買収により、Netflixと競合する動画配信サービスHuluも傘下に加えます。これらの買収が完了すれば、Disney+のコンテンツがさらに充実していくことになりそうです。

(2018年11月9日Engadget日本版「ディズニーの動画配信「Disney+」19年開始 Pixer・Marvel・STAR WARSをひっさげNetFlixに対抗」より転載)