NEWS
2018年11月17日 17時00分 JST | 更新 2018年11月17日 17時01分 JST

桑田佳祐、さくらももこさんへ「100万年の幸せ!!」を献歌

7年前、直々にさくらさんから手紙でエンディングテーマ作曲のオファーを受けたという。

Yahoo Magazines PYC
アニメ『ちびまる子ちゃん』

桑田佳祐、さくらももこさんへ「100万年の幸せ!!」を献歌

 シンガー・ソングライターの桑田佳祐(62)が16日、都内で行われた『さくらももこさん ありがとうの会』に参列。乳がんのため今年8月15日にこの世を去った漫画家・さくらももこさん(享年53)を偲ぶ会で、2012年4月1日から17年10月1日まで『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマでさくらさんが作詞を手がけた「100万年の幸せ!!」を献歌として歌唱。会場は手拍子に包まれ、明るい雰囲気でさくらさんを送り出した。 

【写真】その他の写真を見る

 7年前、直々にさくらさんから手紙でオファーを受けたという桑田は「もう2枚目の便箋からさくらももこ先生らしい字で歌詞とタイトルも書いてあって、『歌詞指定かよ、すげえな』と思った」と笑わせつつ「Aメロ、Bメロ、サビと書いてくださいまして...最後に『勝手なお願いで申し訳ない。もしだめなら断ってください』と書いてあったんですけど断れません。そういうことで本当にお世話になりました。なんの恩返しもできておりませんし、いつかお会いしましょうとだけ言わさせていただきます」とメッセージを送った。

 歌唱中、会場に手を振りながら、盛り上げた桑田は最後は祭壇に向かって礼。司会のフジテレビ・笠井信輔アナウンサーから、さくらさんが学生時代から桑田のファンだったこと、サインを大切にもってたことを知らされると「光栄でございます。大きなチャンスをいただきました」と感謝を込めていた。

 フジテレビの笠井信輔アナウンサーが進行のもと、「ありがとうの言葉」をまる子役の声優・TARAKO、生前の親交のあった賀来千香子、作家のよしもとばななが務め、漫画家の尾田栄一郎氏、歌手の木村カエラからメッセージが寄せられた。場内では『ちびまる子ちゃん』の歴代テーマ曲がBGMとして使用。

 式冒頭では家族からは本当に『ちびまる子』と呼ばれていたさくらさんの生涯をイラストとTARAKOのナレーションで振り返るVTRも上映。祭壇や場内には、彼女が生み出した愛すべきキャラクターたちのパネルや展示物が数多く飾られるなど、本人の希望だという「明るく、楽しく、和やかに」といった雰囲気が全面に表れた式となった。

関連記事