これからの経済
2018年11月18日 11時08分 JST | 更新 2018年11月18日 11時08分 JST

YouTubeが広告入りで無料の映画提供を始めた、次はAmazonもか?

『ロッキー』や『ターミネーター』などの名作を含む、およそ100本のハリウッド映画が加わった。

TechCrunch Japan
GoogleとYouTubeのロゴ

AdAgeの新しい記事によると、YouTubeは先月から、およそ100本のハリウッド映画を広告付きで加えた。"Rocky"、"The Terminator"など古い名作が多く、"Zookeeper"(Mr.ズーキーパーの婚活動物園)、"Agent Cody Banks"(エージェント・コーディ)、"Legally Blonde"(キューティ・ブロンド)などのファミリー向けもある。

これまでYouTubeのムービーやテレビ番組は、AppleのiTunesやAmazon Videoのような有料制のみだった。

現在、YouTubeのこれら無料のムービーは広告入りだが、上記の記事によると今後はアドバタイザーとの契約で、スポンサー制や特別会員制などもありえる。

ムービーの提供でYouTubeの利点といえば、月間アクティブユーザー数190万という大きなユーザーベース、そしてGoogleのデータを利用するターゲット広告だ。

YouTubeの広告入りムービーは、昨年Rokuが提供を始めた無料映画、The Roku Channelに倣ったものだ。

それは新しいタイプの広告ビジネスとして快調らしく、今年のRokuは広告入り無料コンテンツをABC News, Cheddar, Newsmax, Newsy, People TV, Yahoo, The Young Turksなどのニュース放送にまで広げた。最近では、エンターテインメントやスポーツの生中継もある。

Walmartも無料ムービーをVuduから提供しているが、最近はMGMと組んで、オリジナルコンテンツも提供するらしい。Tubiも、広告入りコンテンツを無料で提供している。そして噂では、Amazonも同じようなサービスを開発中だそうだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

(TechCrunch日本版「YouTubeが広告入りで無料の映画提供を始めた、次はAmazonもか?」より転載)

関連記事