WORLD
2018年11月20日 19時32分 JST | 更新 2018年11月20日 19時37分 JST

男性ばっかりに話を聞くな? FT紙「男女バランス悪い記事」への警告システムが話題

記事中で女性を十分に取り上げていないと、警告が出るという。

フィナンシャルタイムズの公式サイトより
フィナンシャルタイムズの公式サイト
フィナンシャルタイムズの公式サイトより

男性の発言ばかりを取り上げ、「男女のバランスの悪い記事」を書いたら、記者が"警告"を受ける。英フィナンシャルタイムズ紙の、そんなシステムが話題を呼んでいる。

ガーディアンが11月14日に報じた。

ガーディアンによると、フィナンシャルタイムズ紙が発言を紹介した人物の男女比を出したところ、女性は21%だった。紙面上の"男女格差"を是正するため、記事で紹介した専門家の下の名前や代名詞(he / sheなど)から、その人が男性か女性かを見分けるシステム「She Said He Said」を開発。

記事中で女性を十分に取り上げていないと、警告が出るという。

男性の割合が高い経済業界のニュースを取材するFT紙は、紹介する発言が男性有識者に偏った記事が原因で女性層から敬遠されてきたことを踏まえて、女性読者の獲得に躍起になっている。

FT紙の広報担当者は、CNETニュースの取材に対して、「編集者や記者は今後、自分が書いた記事のジェンダーの偏りをより認識することになる。その結果、もっと紙面に女性の声を反映させようと努力するだろう」と効果を期待している。

FT紙の調査では、女性の読者は、男性だけが登場する写真が使用された記事よりも、女性が登場する写真の記事をクリックする傾向があったという。