NEWS
2018年11月21日 12時47分 JST | 更新 2018年11月22日 02時30分 JST

光のカーテンを舞う無数の気球が神々しい。「見てたら召される気がする」と話題に

佐賀市内で開かれた国際大会の模様です。

雲の切れ間から光が降り注ぐ中、工場地帯を無数の熱気球が空を舞っている。佐賀県で撮影された写真がネット上で「天に昇って行くようで神々しい」「見てたら召される気がする」と話題になっている。

Twitter/w_s_photo

Twitter/w_s_photo

これは10月30日から11月5日にかけて、佐賀市の嘉瀬(かせ)川の河川敷で開催された「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の一幕だ。アジア最大級の熱気球の国際大会として知られ、17の国・地域から109機が参加した。

今回の写真は、佐賀県在住のアマチュアカメラマン「わいち」さんが11月1日に撮影。18日にTwitterに投稿したところ、1万8000回以上もリツイートされた。

ニコンの一眼レフ「D750」に望遠レンズを装着し、10km以上離れた山からシャッターチャンスを狙ったという。わいちさんは、ハフポスト日本版の取材に以下のように答えた。

「工場の煙に光が当たって、さらにバルーンが透けながら通過する瞬間を撮影するために10km以上離れた山から狙いました。今年は3日間通って唯一光が当たった数分間の出来事でした。光がどこに当たってるか、陰影を意識しながら撮影しました」