NEWS
2018年11月28日 09時13分 JST | 更新 2018年11月28日 09時24分 JST

勝谷誠彦さん死去。57歳、コラムニスト。8月に入院

重症アルコール性肝炎で緊急入院していた。

時事通信社
勝谷誠彦さん

コラムニストの勝谷誠彦さんが11月28日、死去した。本人のFacebookなどで発表した。57歳だった。

Facebookのメッセージは「勝谷誠彦は、11月28日午前1時48分、57歳の生涯を閉じました」と報告し、「生前、応援してくださった皆様、お世話になった皆様に厚く御礼を申し上げます。どうもありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

勝谷さんは8月下旬、重症アルコール性肝炎で緊急入院した。10月に退院し、公の場に姿を表した際には「肝臓を痛めまして、今も足もとがおぼつかない」と体調について説明していた

日刊スポーツによると、勝谷さんは1985年に文藝春秋に入社。「週刊文春」「文芸春秋」で記者やデスクを務めた。96年に退社した後は、フリーのコラムニストとして執筆活動や、数々のトーク番組にも出演した。2017年には、兵庫県知事選に立候補した。