これからの経済
2018年11月30日 16時51分 JST | 更新 2018年11月30日 16時53分 JST

サークルK・サンクス消滅、公式キャラもお別れ「また会える日までお元気でねン♪」

「38年おつかれさまでした!」名残りを惜しむ声が続々

コンビニ大手の「サークルK」と「サンクス」の全店が営業終了する11月30日、公式キャラの「はる先生」が別れのあいさつをSNSに投稿した

Twitter/circleksunkus
サークルK・サンクスの公式Twitterより

「とうとう本日が最後の配信となりました」として、明日からはファミリーマート公式アカウントから発信していくことを告知。「また会える日までお元気でねン♪」と明るく締めくくった。

両コンビニは、ファミリーマートにブランドを統一することで38年の歴史に幕を閉じる。告知によるとサークルK・サンクスは、TwitterとFacebookの公式アカウントのほか、公式サイトも11月30日で終了する。

公式SNSには「38年おつかれさまでした!」「サークルKのスイーツが凄く好きでした」「今までサンクス」などと、名残りを惜しむ声が続々と寄せられた。

 

■サークルK・サンクスとは?

時事通信社
ファミリーマートへのブランド統合に伴い、閉店したサークルK店舗前で記念撮影に応じる沢田貴司ファミマ社長(中央)ら=2018年11月29日、愛知県一宮市

サークルKとサンクスは1980年に誕生した老舗コンビニ。サークルKは中部地方、サンクスは東日本を中心に店舗を展開していたが、2004年に合併して「サークルKサンクス」となった。

その後、2016年に親会社のユニーグループ・ホールディングスがファミリーマートと経営統合したことで、サークルKとサンクスの店舗は、ファミマに転換することが決定。店舗閉鎖や衣替えが進められていた

ブランド一本化で、ファミマは全国約1万7000店舗に拡大。業界3位のローソンを抜き、セブン-イレブン・ジャパンに次ぐ業界2位に躍進していた