NEWS
2018年12月06日 12時18分 JST | 更新 2018年12月06日 13時00分 JST

ファーウェイの副会長、カナダで逮捕 イラン制裁違反の疑いで

ファーウェイは「いかなる不正とみなされる行為をも把握していない」と主張

RomanBabakin via Getty Images

ファーウェイ幹部、カナダで逮捕 イラン制裁違反の疑い

 中国の情報通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が、米国の要請を受けたカナダの捜査当局に逮捕された。カナダや米国のメディアが5日夕(日本時間6日朝)に報じた。米国の対イラン制裁に違反した疑いという。中国を代表する国際企業の経営者が逮捕されたことで、米中摩擦は一層激しくなるおそれがある。

 孟氏はファーウェイ創業者の娘で、同社副会長も兼務する。カナダ紙グローブ・アンド・メールはカナダ司法省の話として、孟氏が1日にバンクーバーで逮捕され、米国が引き渡しを求めていると報じた。米司法当局は、孟氏が米国によるイラン貿易制裁をくぐり抜け、製品を輸出しようとしたとみている模様だ。

 ファーウェイは6日、「ほとんど情報提供を受けておらず、孟氏による、いかなる不正とみなされる行為をも把握していない」との声明を発表。同社が業務を展開する国に適用される全てのルールを順守しているとし、「国際連合や米国、欧州連合(EU)が適用する輸出規制と制裁、法律ルールをも含んでいる」と主張した。

(朝日新聞デジタル 2018年12月06日 11時50分)

関連ニュース