NEWS
2018年12月05日 14時33分 JST | 更新 2018年12月05日 14時33分 JST

ニューカレドニアでM7.5の地震 周辺地域で津波発生のおそれ

過去にも大きな地震が発生しています。

2018/12/05 14:04 ウェザーニュース

ウェザーニュース
ニューカレドニアの位置 / 地震の概要

日本時間12月5日(水)13時18分頃、ニューカレドニアの沖合で地震が発生しました。

USGS(アメリカ地質調査所)によると、地震の規模を示すマグニチュードは7.5と推定されます。

深さが10kmと比較的浅く、津波発生のおそれがあることから、太平洋津波警報センターはニューカレドニアとヴァヌアツに津波に関する警報を発表し、警戒を促しています。

<津波の高さの予想(PTWCより)>

 ・ニューカレドニア 1m~3m

 ・ヴァヌアツ 1m~3m

 ・フィジー 0.3m~1m

※PTWC:太平洋津波警報センター

日本への津波の影響は現在調査中ですが、地震の規模や震源の位置から、大きな被害を及ぼすようなことはないと見られます。

過去にも大きな地震が発生したエリア

ニューカレドニアの沖は、太平洋プレートとオーストラリアプレートの境界にあたり、過去にも大きな地震が発生しています。

今年8月29日には今回の震源のわずかに東でM7.1の地震が発生。1995年には今回とほぼ同規模のM7.7の地震が発生。

8月に発生した地震では、ヴァヌアツで27cm、ニューカレドニアで26cmの津波を観測しましたが、被害は報告されていません。

関連記事