ライフスタイル
2018年12月07日 15時56分 JST | 更新 2018年12月07日 16時14分 JST

セックスの経験人数、男性は女性より多めに言う傾向(研究結果)

グラスゴー大学の研究で明らかになりました

これまでにセックスをした相手の人数調査では、たいてい女性より男性が多い。その理由の一つに男性の「経験人数を多く数える傾向」があるようだ。イギリスの研究で明らかになった。

調査をしたのは、イギリスのグラスゴー大学の研究者たち。1万5000人を対象にしたイギリスのセックス行動調査を分析した。この調査では、経験人数の平均数は男性が14人だったのに対し女性は7人だった。

調査した研究グループの代表カースティン・ミシェル博士は、男女差を説明する3つの要素を見つけたと話す。

1つ目は、男性の経験人数を大げさに言いがちな傾向。2つ目は、男性は数を見積もる傾向がある一方で、女性はきちんと数える傾向にあること。そして3つ目はカジュアルなセックスに対する男女の姿勢の違いだった。

ミシェル博士は「この3つで、男女差の3分の2を説明する」と話す。

・経験人数を大げさに言いがちな傾向

平均値を計算する場合、極端に数値が大きいグループは平均値を歪める。

経験人数が最も多いトップ1%のグループは、男性が110人以上、女性が50人以上と大きな違いがあった。このグループを除いて計算すると男女差は減った。

・見積もる傾向

経験人数が「5~9人」と答えた人のうち、はっきり数えずに見積もっていたのは男性では約4分の1に当たる24%だった。一方、女性では15%だった。

・カジュアルなセックスに対する男女の姿勢の違い

全体的に、女性は男性よりセックスに対して保守的だった。一晩限りのセックスを「全く悪いことではない」と答えたのは、男性18%に対して女性9%、結婚した人の浮気を「何があっても悪い」と答えた人は、男性57%に対して女性65%だった。

こういった要素を考慮に入れると、男女間のギャップは縮まる、と研究者たちは述べる。

ミシェル博士は、性感染症やHIVのリスクや感染速度を知るために、正しい人数を報告することが大事だと強調する。

「現在ある研究のほとんどは、学生や一部の集団に限定されていたり、"実験室"のような環境で実施されています。そのため、一般の人たちの実生活を反映できていません」

ハフポストUK版の記事を翻訳・加筆しました。