WORLD
2018年12月07日 18時06分 JST | 更新 2018年12月07日 18時06分 JST

ルクセンブルクが太っ腹すぎる。公共交通が全て無料に

「世界初」と報じられています。

ルクセンブルク市の旧市街
bluejayphoto via Getty Images
ルクセンブルク市の旧市街

ヨーロッパの小国「ルクセンブルク大公国」。国土は神奈川県ほどだが、裕福な国として知られており、国際通貨基金(IMF)によると1人当たりのGDPは世界第3位だ。

このルクセンブルクが、公共交通機関を2019年夏から全て無料化することになった。こうした試みは、「世界で初めて」とガーディアンは報じている。12月5日に再任されたベッテル首相は、列車、路面電車、バスの運賃を無料化する方針だという。他にも、大麻の合法化や祝日の増加なども検討している。

ルクセンブルクの国内人口は約60万人だが、約18万人の労働者が隣国のフランス、ドイツ、ベルギーから国境を越えて通勤している

ニューズウィークによると、首都ルクセンブルグ市には10万人しか住んでいないが、40万人が通勤しているため、世界最悪ともいえる交通渋滞が慢性的に起きている。公共交通を無料化することで運賃の徴収が必要なくなり、道路の渋滞緩和が期待できるという。

 

■ルクセンブルク大公国の位置

PeterHermesFurian via Getty Images
ルクセンブルクの位置は中央から見て右上。フランス、ドイツ、ベルギーの三国に囲まれている。