NEWS
2018年12月18日 18時01分 JST | 更新 2018年12月18日 18時06分 JST

判決は「バンビの刑」。シカの密猟者に、月1回の鑑賞を刑務所で

ディズニー映画の名作「バンビ」には、母ジカがハンターに銃殺されるシーンがあります。

バンビのワンシーン
ASSOCIATED PRESS
バンビのワンシーン

人間に母親を殺された主人公の子鹿が、悲しみを乗り越えてたくましく成長していく。

涙なしには見られないディズニー映画の名作「バンビ」が、アメリカで"刑罰"のひとつとして用いられた。一体、どういうことなのか。

アメリカ・ミズーリ州の裁判所が12月6日、違法にシカを殺害したとして、被告の男に禁錮1年を言い渡した上で、その間に毎月1回「バンビ」の鑑賞を義務付けたのだ。

アメリカの各メディアが報じた。

CNNによると、被告は密猟の疑いで2016年8年に逮捕された。地元ローレンス郡の検察官は、USA Todayの取材に「シカの大半は夜間に殺害された。頭部だけが持ち去られ、胴体は放置されていた」と話している。

「バンビ」は、母ジカがハンターに銃殺されるシーンがある。裁判所は被告の猛省を促す目的で、鑑賞を義務付けたとみられる。被告は12月23日までに、1回目の鑑賞をするよう義務付けられているという

CNNによると、今回の判決は、被告の男が問われている数ある罪状のうちのひとつ。他にも家族や仲間と一緒に、ミズーリ州で最大規模の密猟に関わった疑いが持たれている。

地元ローレンス郡の自然保護局は「(被告らの)密猟グループがここ数年、何頭のシカを違法に殺害したのかは分からない。数百頭にのぼるかもしれない」と、USA Todayの取材に話している。