NEWS
2018年12月24日 18時10分 JST | 更新 2018年12月24日 18時10分 JST

クリスマス、焦らなくても大丈夫。過半数が「いつも通り自宅で過ごす」(調査結果)

20代独身男女では「クリぼっち」が最多に

Westend61 via Getty Images
イメージ画像。サンタさんも焦らず安全運転でね!

さあ、クリスマスの到来だ。特に何も予定がなくて「今年も1人か...」「どこも行くところがない」「仕事だ...」と、ぼやいている人も多いかもしれない。でも、そんな貴方に朗報だ。

2018年12月24日のクリスマスイブから、25日のクリスマスにかけて「いつも通り自宅で過ごす」が51%で過半数を占めたのだ。10歳以上の男女のLINEユーザーを対象にした調査(有効回答約42万サンプル)を、「LINEリサーチ」が発表した。

LINEリサーチ
年齢別の内訳

「仕事やアルバイト」も19%(複数回答可)を占めたため、クリスマスを、いつもと変わらず過ごす人は少なくなさそうだ。

外出をしてアクティブにクリスマスを楽しむ人は、「ホームパーティーをする」で25%で最多。「イルミネーションやツリーを、見に行く」8%、「飲みに行く・ファミレスに行く」6%と続いた。

 

■20代独身では「クリぼっち」が最多に

LINEリサーチ
20代独身男女のアンケート結果

また、20代独身では、男女ともに仕事や1人でクリスマスを過ごす「クリぼっち」が最多だった。男性では39%、同様に女性では30%を占める結果となった。

2018年のクリスマスは平日であることが影響したのか、2年前の日曜日だったときと比べて男性では6ポイント、女性では4ポイント増加している。「恋人、好きな人と過ごす」は男性25%、女性29%だった。

【調査概要】

  • LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
  • 調査対象:日本全国 10歳以上の男女
  • 実施時期:2018年11月22日~30日
  • 有効回収数:422,402サンプル
  • 性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック