アート&カルチャー
2018年12月29日 10時36分 JST | 更新 2018年12月29日 10時40分 JST

中居正広が滝沢秀明にかけた“金言”「『。』をつけて活動を終了させなさい」

中居は「僕個人は怠った人間であって。『。』で幕引きができなかった」と語った。

中居正広が滝沢秀明にかけた"金言"に反響「『。』をつけて活動を終了させなさい」

 年内で活動を引退する滝沢秀明が28日放送のTBS系『中居正広のキンスマスペシャル』(後9:00)に出演した。番組では、貧しかった幼少時代、自立のためにオーデションを受けたジャニーズJr.での大活躍、今回のタッキー&翼の解散や自身の引退に至った経緯などを紹介。そして終盤にMCであり先輩・中居正広が「僕ら(SMAP)にとっての最後の後輩」だという滝沢に伝えた言葉に反響が集まった。

 冒頭から、不仲説をかけられていたことを引き合いに滝沢に「みなさんが想っている以上に仲が悪いって(と言え)」とおどけてみせた中居。だが、滝沢の口から引退発表から初めて連絡したのが中居であることを知らされ驚くも、マネージャー経由で滝沢、今井ともに電話をかけたことを明かした。

 そんななか、今回の出演について滝沢は「今のタキツバは"点(、)"だと。『。』をつけて活動を終了させなさいとおっしゃってくれた。僕はその言葉が重くて、でもやらなければいけないとハッとなったんです。なので『ジャニーズカウントダウン』にも翼と一緒に出ようと決めました」と"金言"を与えられたそうで、「今の僕の出演は中居くんがくれた花道」と感謝を込めた。

 この言葉を受けて中居は「滝沢に話しましたが、僕個人は怠った人間であって。『。』で幕引きができなかった」と言い、「どうか、滝沢と翼の2人には、今まで応援してくれたファンの子に、今まで応援してくれた人たちはすごく大事だから、その人たちが次に進める...その人たちへのメッセージとして、2人のショーがみたい。最後がどれだかわからない、引退試合がわからないようなタレントじゃないと思ったんで」と「ファンの子が大事」と繰り返しながら、カウントダウンへの出演を喜んだ。

 最後に滝沢は「僕のなかでさようならという言葉は使いたくない。ファンの方にかける言葉があるとしたら『いってきます』。どんな形でみなさんと関われるかはわかりませんが、大きな男になってみなさんの知っている滝沢秀明としていつか会える日があればいいな」とファンへメッセージを送ると中居は「『。』で終われたのかな。翼も『。』で終われたのかな。いろんな関係者各位のみなさんがしっかり次の文を書き始めることができるんじゃないかな。これからもぜひ頑張ってもらいたい」と背中を押していた。

 中居が語った言葉にSNS上では「中居くんの言葉は本当に重いし、タキツバに『。』で終わってほしいって言ってくれてありがとう」「金スマを見て涙が止まらなかった。」「金スマ見てたら中居くんの言葉に泣ける...」と温かい先輩の気遣いとエールに感動の声が続々と寄せられている。

【関連記事】