WORLD
2018年12月31日 10時47分 JST | 更新 2018年12月31日 11時00分 JST

6.7キロ超のビッグな赤ちゃんが生まれる 身長は54.6センチ

米テキサス州で、体重約6700グラムの赤ちゃんが生まれた。母親は4.5キロぐらいで生まれてくるかと思っており、体重を聞いて驚いたという。

アメリカ・テキサス州で12月12日、体重約6700グラムのビッグな赤ちゃんが誕生した。身長は54.6センチだという。27日、地元テレビ局NBC ダラス・フォートワースなどが報じた。

赤ちゃんの名前は、アリ・ジェームズ・メドロックちゃん。両親のジェニファーさんとエリックさんは、音楽教師だという。

アリちゃんが生まれたアーリントン・メモリアル病院の医師によると、彼が30年間で取り上げた赤ちゃんの中で、アリちゃんが一番大きかったという。

USAトゥデイによると、ジェニファーさんはアリちゃんが、4.5キロほどで生まれてくると思っていた。というのも、2歳になるアリちゃんの姉が、約4.5キロで生まれたからだ。そのためアリちゃんの体重を聞いて、両親は驚いたという。

アリちゃんは生まれた当初、低血糖のため新生児集中治療室(NICU)で手当を受けた。幸いなことに現在は、改善しているという。

なお、ギネス・ワールド・レコードによると、過去には体重10キロ(1万グラム)超えで生まれてきた赤ちゃんがいた。