WORLD
2019年01月03日 14時25分 JST | 更新 2019年01月03日 14時25分 JST

スミソニアン博物館・国立動物園など閉鎖、イベントも全てキャンセルへ

1月2日に声明を発表した。

スミソニアン博物館など19施設や国立動物園が閉鎖された
Xinhua News Agency via Getty Images
スミソニアン博物館など19施設や国立動物園が閉鎖された

アメリカ・ワシントンDCのスミソニアン博物館とスミソニアン国立動物園は、現地時間の1月2日、一時的に閉鎖するとの発表をした。観光客らに混乱が広がっている。

声明では「連邦政府の閉鎖により、スミソニアン協会が運営するすべての博物館と国立動物園で、プログラムとイベントもキャンセルされる」としている。しかし、閉鎖期間中も、動物の餌やりや世話は続ける予定だという。

背景には、アメリカの連邦政府予算案が可決されず、予算が失効した問題がある。メキシコとの間に建設する壁の費用50億ドルを予算に盛り込むかどうかをめぐって、与野党が対立しているからだ。

一部の連邦政府機関では予算が切れたため閉鎖に追い込まれており、今回の博物館閉鎖もその1つ。入場料無料のスミソニアン博物館などは連邦政府の支援を得て運営されており、年明けまでは「前年の予算」をやりくりして開館していたが、その資金も尽きたという。

CNNによると、この余波で38万人の連邦政府職員が一時的な失業に追い込まれ、42万人が現在無給で働いている。

トランプ大統領は1月2日に議会リーダーたちと会談をしたが、進展はなかったという。この問題の報道などを受けてツイートし、「残念ながら、リアルな壁なしでの本当の国境警備などありえない!」と自身の主張を繰り返している。

12月21日には、トランプ大統領は国境壁のデザイン案についてツイートし、「効果的で美しい!」と褒め称えている。