NEWS
2019年01月05日 10時05分 JST | 更新 2019年01月05日 10時05分 JST

すしざんまい、本マグロ3億3360万円で落札 豊洲初競りで史上最高値

すしざんまいの木村清社長は、「いいマグロを買おうと思っていたが、この値段は困っちゃうね」と笑顔で語った。

朝日新聞社
豊洲市場の新年の初セリで史上最高値となる3億3360万円で落札した青森県・大間産の生の本マグロを前にポーズを決める、すし店チェーン運営「喜代村」の木村清社長=2019年1月5日午前6時39分、東京都中央区築地4丁目、松本俊撮影

大間のマグロ3億3360万円 豊洲初セリで史上最高値

 豊洲市場(東京都江東区)で5日、新春の初セリがあった。昨年10月に築地市場(中央区)から移転して初めて迎えた正月。毎年高値が話題になる生の本マグロは、青森県大間産の278キロの大物が3億3360万円(1キロ120万円)で落札された。1匹の総額、1キロ単価ともに史上最高値だった。

 昨年の初セリで、本マグロを最高値で落札した水産仲卸「やま幸(ゆき)」と、一昨年まで6年続けて最高値で落札してきたすしチェーン「すしざんまい」の運営会社が競り合った。水産関係者がマグロを取り囲み、両者が「手ヤリ」という値段を示す合図で値段をせり上げていくたびに、「ウオーッ」というどよめきが起こった。

 競り落としたのは、すしチェーン運営会社。木村清社長は「いいマグロを買おうと思っていたが、この値段は困っちゃうね」と笑顔で語った。これまでの最高値は、2013年の初セリで同社が競り落とした222キロの大間産で、1億5540万円(1キロ70万円)だった。(抜井規泰)

(朝日新聞デジタル 2019年01月05日 09時22分)

関連ニュース