NEWS
2019年01月06日 14時00分 JST | 更新 2019年01月06日 14時00分 JST

小倉智昭、7日から「とくダネ!」復帰 膀胱がんの全摘出手術・リハビリで休養、予定より1カ月早く

小倉智昭さんが復帰へ。医師も驚くほどの回復力で、今後もリハビリは必要だが、「仕事をしながら努力するつもりです」と前向きに取り組む。

時事通信社
小倉智昭さん

小倉智昭、7日から『とくダネ!』復帰 驚異の回復ぶりで予定より1ヶ月早く

膀胱がんの全摘出手術およびリハビリのため、昨年11月27日からフジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』(月~金 前8:00)を休養していたメインキャスターの小倉智昭(71)が、今年初回放送となる7日から復帰することが決定した。医師も驚くほどの回復力で、当初の予定より1ヶ月近く早い復帰となる。

 小倉はフジテレビを通じてコメントを発表。当初は「代用膀胱手術の平均的な術後の快復状況から判断して、早くても2月からの復帰を考えて」いたが、「予想以上に快復が早く、心配されていた癌(がん)の転移、感染症や腸閉塞の恐れもないため、医師が仕事への復帰も可能と判断してくれました。すでに日常生活に不便もなく、外出も今まで通りです」と回復ぶりをアピールした。

 今後もリハビリは必要だが「仕事をしながら努力するつもりです」と前向きに取り組む。そして、「多くの皆様にご心配をおかけしましたが、今後も元気でうるさい、『とくダネ!』の小倉智昭でいたいと思います。数多くのお見舞いを頂戴しありがとうございました」と感謝した。

 小倉は2016年5月13日に同番組内で初期の膀胱がんを公表。手術のため1週間休養し、5月23日に番組に復帰。昨年11月5日の番組で膀胱がんで全摘手術をすることを明かし「根治を目指す」と話していた。

【関連記事】