WORLD
2019年01月07日 14時08分 JST | 更新 2019年01月07日 14時10分 JST

BTS(防弾少年団)コンサート映像の上映中止、ロシアで相次ぐ。何があったのか

原爆投下時の画像を印刷したTシャツを着たり、ナチスの制服に似た衣装を着たりするなどして批判されたことがあるが...

BTSのメンバーら=2018年12月25日、ソウル
VCG via Getty Images
BTSのメンバーら=2018年12月25日、ソウル

韓国の男性7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)のコンサート映像をロシア南部にある2つの映画館が上演しようとしたところ、地元のイスラム教グループの激しい反発を受け、中止に追い込まれていたことが1月7日、明らかになった。

BTSをめぐっては、メンバーが原爆投下時の画像がプリントされたTシャツを着ていたことがわかり、テレビ朝日の音楽番組への出演が取りやめになったことがある。世界中で人気のグループに今度は何があったのか――。

ロシアの日刊紙「コメルサント」によると、中止になったのは、BTSが2018年に世界各国で開いたツアーコンサート「Love Yourself」のソウル公演を撮影した映像。

1月26日にロシア各地の映画館で上映される予定になっているが、このうち南部のダゲスタンとチェチェンでは中止されることが決まった。

きっかけはダゲスタンのイスラム教グループ「道徳の保護者」による抗議の動きだった。ダゲスタンの映画館「シネマホール」が12月20日にチケットの販売を始めると、同グループは、BTSのメンバーの容姿が「男らしくない」として不満を表明。メンバーを同性愛者と決めつけた上で、ソーシャルメディアなどで上映中止を訴えた。

上映中止に賛同する声は増え続け、映画館側も中止を決めた。これを受け、ダゲスタン在住のBTSファンらが隣のチェチェンの上映に行くとの憶測が流れたことから、今度はチェチェンのイスラム教グループが中止を訴え始めた。

チェチェンの映画館も1月3日、Instagramで中止を発表した。

ロシアでは保守的な考えを支持する人が多く、性的少数者に対する差別や偏見が根強い。特にイスラム教徒の多いダゲスタンやチェチェンではその傾向が強く、チェチェンでは2017年、100人以上の男性同性愛者が不当に拘束されたとする疑惑が浮上し、国際的な批判を浴びた。

BTSは20歳代の男性7人によるグループで、2013年にデビュー。2018には3枚目のアルバムがアジア出身のミュージシャンとして初めてアメリカの人気チャート「ビルボード200」で1位を獲得するなど、世界中で人気がある。

一方で、メンバーが原爆投下時の画像をプリントしたTシャツを着て批判されたり、ナチス親衛隊の制服や帽子に似た衣装を着てアメリカのユダヤ人団体から抗議されたりするなどした。