アート&カルチャー
2019年01月07日 13時03分 JST | 更新 2019年01月07日 13時03分 JST

「万引き家族」ゴールデングローブ賞の受賞を逃す。「未来のミライ」も

カンヌにつづいて受賞するかどうかが注目されていた。

ゴールデングローブ賞授賞式に出席した是枝裕和監督。2019年1月5日、アメリカ合衆国・ハリウッド。
EFE
ゴールデングローブ賞授賞式に出席した是枝裕和監督。2019年1月5日、アメリカ合衆国・ハリウッド。

「万引き家族」受賞逃す ゴールデングローブ賞

 米アカデミー賞の前哨戦となる第76回ゴールデングローブ賞の授賞式が6日午後5時(日本時間7日午前10時)、米ロサンゼルスで始まった。注目されていた外国語映画賞では「万引き家族」(是枝裕和監督)が受賞を逃した。同賞は、メキシコを舞台にした「ROMA/ローマ」(アルフォンソ・キュアロン監督)が受賞した。

 アニメ映画賞は「スパイダーマン・スパイダーバース」が受賞。ノミネートされていた「未来のミライ」(細田守監督)は受賞を逃した。

 「万引き家族」は昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞しており、ゴールデングローブ賞も受賞するかどうかが注目されていた。

 外国語映画賞では51カ国・地域の83作品が選考対象で、「万引き家族」など5カ国の5作品が昨年12月にノミネートされていた。(ロサンゼルス=尾形聡彦)

(朝日新聞デジタル 2019年01月07日 12時08分)

関連ニュース