真ん中の私たち
2019年01月09日 17時27分 JST | 更新 2019年01月09日 18時24分 JST

サンドラ・オーさんが、ゴールデングローブ受賞式で伝えたかったこと

韓国人移民である両親への思いを込めました

ゴールデングローブ賞授賞式が1月6日夜、アメリカ・ロサンゼルスの「ザ・ビバリー・ヒルトン」で開かれた。カナダ出身の女優サンドラ・オーさんは、受賞コメントの一部を韓国語で述べた。

サンドラ・オーさんは、BBCアメリカで放映中の「Killing Eve」でドラマ部門主演女優賞を受賞した。アジア系の女優としては島田陽子さん以来、38年ぶりに成し遂げた快挙だ。

サンドラ・オーさん。2019年1月6日、アメリカ・カリフォルニア (Photo by George Pimentel/WireImage,)

彼女はまず、「Killing Eve」出演者と制作陣に言及した。つづいて、会場に来ていた韓国人移民である両親に韓国語で「お母さん、お父さん愛しています」と感謝の思いを伝えた。

サンドラ・オーさんは、2018年9月に開催された第70回エミー賞授賞式にも両親と出席している。母親のオ・ヨンナムさんが着ていた韓国の伝統服「韓服」が、現地メディアの注目を浴びて大きな話題となった。

サンドラ・オーさんはこの日、アジア系俳優としては初めてゴールデングローブ賞授賞式の司会を勤めた。俳優アンディ・サムバーグと一緒に進行役を務めた彼女は「今夜、舞台に立つのが怖かったが、皆さんの前に立って変化の瞬間を見守りたかった」と語った。

ハフポスト韓国版から翻訳・編集・加筆しました。