NEWS
2019年01月10日 12時10分 JST | 更新 2019年01月10日 12時16分 JST

「ONE PIECE」尾田栄一郎、最終回に言及 「大人が子供を教育しようとする物語は嫌い」

尾田栄一郎氏がワンピースの最終回について発言した。さんまに「ひとつなぎの大秘宝」について問われ...。

人気漫画「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎氏が1月9日、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にゲスト出演し、明石家さんまとの対談で最終回について言及した。

現在、尾田氏がかねてより描きたいと公言していた「ワノ国編」に突入している「ONE PIECE」。単行本は91巻まで刊行されており、全世界での累計発行部数は4億3000万部を超える

番組では、作品のファンでもあるさんまが尾田氏の仕事現場や自宅を訪問。尾田氏との対談の中では、最終回や物語最大の謎である「ひとつなぎの大秘宝」についてさんまが質問する一幕があった。

さんまが「ワノ国編」で最終回が近づいているのではないかと問うと、尾田氏は「終わりは近いと思います」と宣言。さらに、「ひとつなぎの大秘宝は『家族の絆』では」と聞かれると、「違います。そういうの嫌いなんです」と否定した。

その理由は、「子供の頃に見た『オズの魔法使い』のオチが不満だった」からという。

「これまで冒険してきて、君は勇気を持ってる。君たちは冒険してそれを得たじゃないか、それが宝なんだという。すごく不満で、子供の頃。こんな物語あり得ないと思って。ちゃんと冒険してきたんだから、くれと。物を。そう思ってきたので、子供ってそういうものだと思っているので、絶対そういうゴールは迎えない」

この発言にさんまは驚いた様子だったが、尾田氏は「大人が子供を教育しようとする物語は嫌いなんですよ」とコメントした。

大ヒット少年漫画の「ONE PIECE」だが、最終回の構想はすでに「できている」といい、「引っ張ってるわけじゃない。描きたいものがあるので、今描くべきものを書く。(コミックスの巻数は)100はちょっと超えます」と語った。