NEWS
2019年01月12日 18時32分 JST | 更新 2019年01月12日 23時26分 JST

あわや接触... 自転車が線路内で踏切待ち?東武アーバンパークラインが緊急停車

撮影した動画がTwitterで拡散し、物議を醸しています。

動画の投稿者提供
踏切内にとどまる自転車

1月11日夜、東武アーバンパークライン初石駅近くの踏切内に人が立ち入り、電車が緊急停車した。

Twitter上には、自転車に乗った人物が線路内に止まっていたところに電車が侵入、緊急停車する様子が写った動画が投稿され、物議を醸している。

東武鉄道や動画の投稿者によると、緊急停車が起きたのは、1月11日午後6時50分ごろ。

動画の投稿者によると、自転車の人物は、踏切を渡る人の列の最後尾辺りにいたところ、遮断機が下がり始めた。踏切を渡り切ることができなかったが、遮断機をくぐる様子はなく、線路内に居残った。

電車と接触しないためなのか、自転車の位置を動かした後、またがったままその場から動こうとしなかったという。

動画には、進入した電車が踏切内で緊急停車した直後に、自転車の人物は遮断機をくぐり、その場を去る様子が写っている。自転車の人物と電車はかなり接近しているように見える。

投稿者は「昨日仕事帰りにあの道通って幅を確認しましたが 結構狭くてギリギリでしたので、ゾッとしました」とハフポスト日本版に話した。

自転車の人物が状況に気づいていたのか、意図的に踏切内に止まったかどうかははっきり分からないが、Twitter上では危険性を訴える声が相次いだ。