NEWS
2019年01月19日 19時28分 JST | 更新 2019年01月19日 19時28分 JST

ホリエモン、センター試験を受験「英語は結構出来た気がする」

東京大学に現役合格している堀江貴文氏。ニコニコ動画の企画では、センター試験を2年連続で受験している。

堀江貴文氏(2018年11月13日撮影)

ホリエモンこと堀江貴文氏が、2019年のセンター試験を受験。1日目の1月19日、「英語は結構出来た気がする」とつぶやいた。

受験は、Abema TVの番組「ドラゴン堀江」の企画の一環だ。番組は、堀江氏独自の"堀江メソッド"を用いて、半年間という短い期間で若手タレントたちを合格に導くというドキュメンタリー。若手を指導しながら、堀江氏自身も東大受験に挑むという内容だ。

堀江氏は東京大学に現役合格しているが、本人のブログによると、高校3年生の夏の時点では、「東大模試で"E判定"か"F判定"」だったという。

また、堀江氏は2014年2015年にも、ニコニコ動画の番組企画でセンター試験を受験。国語と英語と社会の3教科を受験して、「(点数を)8割5部ぐらい取った」と話していた。

今回の企画では、国語や英語だけでなく、数学も受験するという。1月18日のAbema TVの番組では「実質4、5日しか勉強する時間がなかった」と明かしていた。