WORLD
2019年01月23日 14時38分 JST | 更新 2019年01月23日 14時55分 JST

大坂なおみ、勝利者インタビュー中に「暑いので中に...」こぼれた本音に会場が爆笑

現地オーストラリアは真夏の時期に当たるため、会場のメルボルン・パークは、毎年猛烈な暑さに見舞われることが多い。

Aly Song / Reuters
大坂なおみ選手

テニス全豪オープンで4強入りを決めた大坂なおみ選手が、勝利者インタビュー中に「暑いので(建物の)中に入ろうかと思っている」と本音をこぼし、会場を爆笑させる一幕があった。

全豪オープンのTwitterが1月23日、インタビュー場面の動画を投稿している。

この日の準々決勝で、エリナ・スビトリナ選手(ウクライナ)にストレート勝ちした大坂選手は、コート上で勝利者インタビューを受けた。次の準決勝で対戦する選手について質問され「どちらが上がって来ても、厳しい戦いになる」と答えた直後、思わず本音がこぼれた。

「実を言うと、ちょっと暑いので、(建物の)中に入ろうかなと思っている...」

正直すぎる大坂選手の発言に会場は爆笑に包まれ、インタビュアーも笑顔で「お見事でした!どうぞ行ってください」と切り上げた。大歓声に包まれながら、大坂選手はコートを去った。

全豪オープンが開かれる1〜2月は、現地オーストラリアは真夏の時期に当たり、会場のメルボルン・パークは、毎年猛烈な暑さに見舞われることが多い。

そのため全豪オープンは、エクストリーム・ヒート・ポリシーという独自のルールを設けている。ポリシーで定めた気温に到達した場合に、セット間に休憩時間を設けたり試合を中止したりしている。