NEWS
2019年01月26日 17時02分 JST | 更新 2019年01月26日 22時58分 JST

引退するフェルナンデスが有終の美 羽生結弦は魂のメッセージ「絶対に忘れない」【フィギュア男子】

ライバルで親友、兄弟のような2人の絆。たくさんの感動をありがとう・・・

時事通信社
世界フィギュアのエキシビションで、笑顔のハビエル・フェルナンデス(左、スペイン)と羽生結弦(ANA)=2015年2月、中国・上海 

1月26日に開かれたフィギュアスケート欧州選手権の男子フリーで、平昌オリンピック銅メダリストのハビエル・フェルナンデス(スペイン)がショート3位から逆転優勝した。この大会で引退を表明しており、有終の美を飾った。

引退試合を前に、オリンピック2大会連続金メダルの羽生結弦選手は「忘れない」とメッセージを送っていた。

■「君の演技を絶対に忘れない。ずっと尊敬しています」

インターネットテレビの「オリンピックチャンネル」が、羽生がフェルナンデスに送った惜別のメッセージを公開している。メッセージ全文の日本語訳を紹介する。

五輪が終わって、今シーズンが始まった時、君と一緒に練習していたことがどんなに特別だったか気づいたんだ。もちろん試合では勝ちたかったけれど、君との練習が、僕のスケートや練習へのモチベーションになっていた。

これまでのように、君が戻ってこないことは分かってる。でも君のたくさんのパフォーマンス、僕らが一緒に練習してきたことが報われた瞬間は、覚えているよ。君の演技を絶対に忘れない。

トロントに来ることを許してくれてありがとう。

君をずっと尊敬しています。頑張って、ハビ!ヴァモス!!(スペイン語で「頑張って」の意味)

オリンピックチャンネルは、公式Twitterでフェルナンデスと羽生の2ショット写真を公開。「泣ける」「ありがとう」「頑張って」などのコメントが寄せられている。

■ハビとユズル、固く結ばれた2人の絆

フェルナンデスは、羽生は同じブライアン・オーサー氏に師事する。実力に裏打ちされた豊かな表現力、エキシビジョンでのコミカルな演技で日本でもファンが多い。

3歳差の羽生とは互いにライバルでありながら、リンクを下りれば互いを讃え合い、ふざけ合う、兄弟のような様子が感動を呼んできた。

2015年の世界選手権では、銀メダルに終わり涙ぐむ羽生に対し、優勝したフェルナンデスが「僕の中では君がいつもチャンピオンだよ」と声をかけたというエピソードが感動を誘った。

また、2018年の平昌オリンピックでは、金メダルを獲得した羽生がフェルナンデスに「君なしでは成し遂げられなかった」と声をかける場面もあった。