NEWS
2019年02月09日 11時04分 JST | 更新 2019年02月09日 11時04分 JST

客が捨てた1日乗車券を拾い集め、不正使用 駅員4人を懲戒解雇

駅員たちは、会社の調べに対し「交通費を浮かせようと思った」などと話しているという。

Bloomberg via Getty Images
画像はイメージです

客が捨てた1日乗車券を拾い不正使用 駅員4人懲戒解雇

 福岡市交通局は8日、市営地下鉄の駅構内に乗客が捨てた1日乗車券を駅員4人が拾い集め、不正使用していたと発表した。手口を教えあったり、拾った券を融通しあったりして、昨年4月から今年1月にかけて計118枚を帰宅する際に使ったという。

 4人は、交通局が業務委託したJR九州子会社「JR九州サービスサポート」の50~60代の男性契約社員。福岡空港駅に勤務し、乗客の案内などを担当していた。会社の調べに「交通費を浮かせようと思った」などと話しているという。

 1日乗車券は大人620円で1日に限り地下鉄全線に何度でも乗れる切符。1月末、乗客から交通局へ「切符を駅員がポケットに入れる行為を見た」と通報があり、発覚。会社は今月6日付で4人を懲戒解雇した。交通局は同社に不正使用分の約26万円を請求。再発防止に向けて職員の巡回指導を強化する。(柏樹利弘)

(朝日新聞デジタル 2019年02月08日 22時28分)

関連ニュース