WORLD
2019年02月10日 10時31分 JST | 更新 2019年02月10日 10時31分 JST

タイのウボンラット王女の擁立、わずか1日で断念。「非常に不適切」と国王

ウランボット王女はインスタグラムに「励ましと支援に感謝する」と投稿した。

朝日新聞社
天皇、皇后両陛下と会見するワチラロンコン国王(右端)=2017年3月、バンコク、嶋田達也撮影

タイ王女の擁立、1日で断念 国王「非常に不適切」声明

 タイで3月に実施される総選挙に向け、ウボンラット王女(67)を首相候補としたタクシン元首相派の政党は9日、「不適切だ」とするワチラロンコン国王の声明を受けて事実上、擁立を断念した。異例の擁立劇は1日で収束した形だが、今回の事態が招いた波紋は王室を巻き込んで尾を引く可能性がある。

 8日に王女を首相候補として届け出たタイ国家維持党は9日、「党は国王の声明に従う。我々は王室の伝統を尊重する」との声明を発表した。国王は8日深夜に出した声明で「王室の高位の者が政治の世界に入ることは、いかなる理由や方法であれ非常に不適切だ」と指摘しており、これを受けて擁立を事実上、断念した形だ。

 同党は9日午後に予定していた選挙関連の行事も中止。王女は同日、インスタグラムに「励ましと支援に感謝する」と投稿した。

(朝日新聞デジタル 2019年02月10日 07時15分)

関連ニュース