NEWS
2019年02月12日 10時05分 JST | 更新 2019年02月12日 10時05分 JST

大坂なおみ、サーシャ・バイン氏とのコーチ関係解消を発表「彼の仕事に感謝したい」

「なんという道のりだったんだろうか」サーシャ氏も呼応

時事通信社
大坂なおみ選手とサーシャ・バイン氏

女子テニスで世界ランキング1位に輝いたばかりの大坂なおみ選手が2月12日、サーシャ・バイン氏とのコーチ関係を解消すると発表した。

サーシャ氏も大坂選手に返信する形で「なんという道のりだったんだろう」などと感謝の気持ちを示した。

■突然Twitterで...コーチとの離別を発表

大坂選手がTwitterで発表したのは、日本時間の2月12日午前6時ごろ。「サーシャ氏とは今後、一緒にやらないことになった」とした上で「彼の仕事に感謝したい。輝かしい未来を祈っています」とつぶやいた。

サーシャ氏もこのつぶやきに対して、「ありがとうなおみ。なんという道のりだったんだろうか。そこに加えてくれて感謝している」と返信した。

2人はコーチ関係解消の理由については明らかにしていない。

■4大大会を続けて制覇の名コンビ

サーシャ氏はドイツ出身。2017年11月に大坂選手のコーチに就任すると、技術面だけではなく、セリーナ・ウィリアムズ選手の練習相手を務めた経験を生かし、世界の大舞台で戦うのに必要なメンタル面もサポートした。

大坂選手はサーシャ氏の指導のもと、全米オープンと全豪オープンを立て続けに制覇。世界ランキング1位に登りつめるなど急成長を遂げ、サーシャ氏もWTA(女子テニス協会)の2018年の年間最優秀コーチに選出されていた。