BLOG
2018年04月06日 19時04分 JST | 更新 2018年04月06日 19時05分 JST

マネックスグループ松本社長、コインチェック社は「2カ月で経営・管理体制構築目指す」「IPOで強い会社に」

マネックスグループによる株式取得は16日、株式取得価額は36億円を予定。

 6日、インターネット証券大手のマネックスグループが、巨額のNEM流出が発覚した仮想通貨業者のコインチェックを買収すると発表した。

 両社は午後4時から都内で記者会見を開き、マネックスグループからは松本大社長と勝屋敏彦COO、コインチェックからは和田晃一良社長と大塚雄介取締役がそれぞれ会見に出席し、詳細を説明した。

 買収は、マネックスグループがコインチェックの株式を100%取得する完全子会社化の形で、社長にはマネックスグループの勝屋COOが就任。コインチェックの和田社長と大塚取締役はそれぞれ現職を退任し執行役員となる。

 松本社長は「コインチェックは仮想通貨ビジネスにおける世界の先駆者。マネックスの金融機関としての経験と理念、コインチェックの新しい技術と新しい思想をフュージョンさせる。世代の違いはあるが、蓄積されてきた経験と力、新しい技術と新しい考え方をハイブリッドにフュージョンしていくことで、全く新しい、強いグループ会社・グループ群を作っていけると考えている」と買収の狙いを説明。

 続けて、「2カ月で仮想通貨交換業者の認可と新しい経営体制・管理体制の構築を目指したい」とし、「仮想資産を所有する機能とクレジットカード等を超えていく新しい支払い手段・機能を持っているコインチェックと、海外にオンライン証券の子会社を持つマネックスグループを組み合わせて、新しい時代の総合金融機関を作っていきたい」と述べた。

 さらに、「将来、コインチェックのIPO(新規公開株)をして、外部けん制の導入を目指したいと考えている。仮想通貨交換業の本質が銀行に近いようなものになってくると予想される中で、資本を強くすることも重要となるし、内部管理体制を強固なものにするためには外部けん制を導入することは有効。いずれ、IPOをして上場してコインチェックを強い会社にしていきたい」ともした。

 マネックスグループによる株式取得は16日、株式取得価額は36億円を予定。会社名とブランドはそのまま維持するという。

(AbamaTV/『AbemaNews』より)

▶AbemaNewsチャンネルで生放送