BLOG
2018年01月24日 13時28分 JST | 更新 2018年01月24日 13時29分 JST

クロマティ、日本で会社員になる「これから新しい人生を歩いていきたい」

「東京にはたくさんの友達がいますし、大好き」

 1月23日、都内にて「ヒストリーチャンネル」の新番組発表会が開催され、"読売ジャイアンツ史上最強助っ人"ウォーレン・クロマティが登壇。なんと、「ヒストリーチャンネル」の社員として入社したことが発表された。

 A+E Networksグループの歴史&エンターテイメントブランド「ヒストリーチャンネル」では、昨年7月に就任したジョン・フラナガン新ゼネラルマネージャーの新体制の下、ヒストリーブランドのイメージ刷新が進められている。

 そんななか、2018年は「人間の可能性をみよう。」というブランドコンセプトで、数々の日本オリジナル番組を制作。今回のイベントでは、その新ブランド戦略と新番組の内容、そして、かつてプロ野球の巨人軍で人気を博したクロマティの入社について発表されることとなった。

 入団会見ならぬ辞令交付式に登場したクロマティは、日本に戻って仕事をすることにした理由について「東京にはたくさんの友達がいますし、東京が大好きですし、これから新しい人生を歩いていきたいと思ったからです」とニッコリ。「今回の番組(自身が出演する番組『BIOGRAPHY JAPAN』内のモバイル配信コンテンツ『クロウ in 東京』)が楽しみ。番組で、いろんな東京を見て、いろんな人たちと出会って、いろんな人たちを驚かせていきたい」と意気込みを語り、巨大な"辞令書"をゼネラルマネージャーから受け取った。

 また、同発表会には、マルチに活躍の幅を広げるマリエ、人気芸人ブルゾンちえみと母娘役で共演したCMが話題のファッションデザイナー、コシノジュンコ、そして2017年ミス・インターナショナル世界第5位、ミス・ナショナルコスチュームを受賞した筒井菜月ら、豪華なゲストも登壇。

 マリエは、アパレルの歴史に触れるツアーに挑戦する、ファッションとヒストリーを掛け合わせた番組「FASTORY」に、コシノは「BIOGRAPHY JAPAN」第1回目に出演。

 デザイナーとしても活動するマリエは「私のブランドでも、ファッションの歴史や未来、衣服の可能性、日本の技術について若い世代とシェアしていきたいという取り組みをしてきましたので、尊敬するメディアである『ヒストリーチャンネル』でご一緒させていただけることを光栄に思います」と話し、コシノは「番組では2ヶ月くらい熱心に密着していただいた。とにかくワクワクしています」と新番組放送に期待を寄せていた。

テキスト・写真:ayumi