BLOG
2018年02月18日 13時28分 JST | 更新 2018年02月18日 13時28分 JST

将棋・藤井聡太“新六段“に師匠・杉本昌隆七段「この前まで四段だったんですけどね」

師匠・杉本昌隆七段が見せた「親心」

将棋の中学生棋士・藤井聡太五段(15)が2月17日、第11回朝日杯将棋オープン戦で優勝し、中学生としては初めて一般棋戦優勝する快挙で、同時に最年少15歳6カ月で六段昇段を果たした。

AbemaTIMES

師匠の杉本昌隆七段(49)は、デビュー以来快進撃を続ける藤井"新六段"について「(今日は)お祭り騒ぎというか一大イベントでしたね。ついこの前まで四段だったはずなんですけど、もう六段ですね」と、2月1日に五段、さらに17日に六段と一気に昇段した愛弟子の活躍に目を細めた。

この日は羽生善治竜王(47)、広瀬章人八段(31)と、将棋界トップクラスの棋士に対して連勝。勝利する度に対局が増えることについて「体力面は心配していて、体を壊さないようにと思っています。将棋に関しては昔から心配していないです」と、"親心"を見せていた。

(C)AbemaTV

▶第11回朝日杯将棋オープン戦 準決勝・決勝