BLOG
2018年05月12日 16時25分 JST | 更新 2018年05月13日 07時46分 JST

ロート、ソフトバンク、ユニチャームも… 企業が「副業」を解禁する理由とは?

もし副業OKになったら、あなたは何かする?

abematv

 安倍政権が推進する「働き方改革」。今年1月には、厚生労働省から「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が発表されるなど、いま副業に対する考え方が抜本的に見直されつつある。

 有名企業の間でも続々と副業解禁の動きは広がっている。『けやきヒルズ』(AbemaTV)では、その実態を調査した。

■副業が本業に好影響

abematv

 去年11月から副業を解禁したのは、通信大手のソフトバンク。今まで約210人の社員が副業の許可を会社に申請したという。

 北山景一郎さんもそのうちの1人。普段は社内向けにライブで配信する映像の制作や配信業務を行っているが、副業として「看板のデザイン」を行っている。大学でデザインを学んでいた北山さんは、副業解禁後すぐに看板デザインを始めたといい、今は1デザインあたり1万円で仕事を引き受けている。

abematv

 これまでに中古車販売店や不動産関係の会社の看板をデザインしたというが、その結果、本業の映像制作にもある影響が出てきたそうだ。

 「看板は一瞬で内容を伝えなきゃいけない。それに特化した看板の色使いがある。本業の方でも色使いがテロップに使えたり、この色を組み合わせると目をひくというのがあったり、看板で得たテクニックが映像で使えたりできる。本業にもお得があって、割と自分のレベルが上がっていく感じが楽しい。『この表現かっこよくない?』って(技術を)自分の映像作りに持って行ったりする方が楽しいし、やりがいを感じる」

abematv

 副業をすることで本業にも良い影響が出ること、これこそが副業解禁の大きな狙いのひとつだ。ソフトバンク人事本部の石田恵一さんは「社員の自己成長に繋げるということと、副業の経験を本業に還元して会社としてより事業を成長させること(が狙い)」と話した。

■"専業禁止"で「外の機会(チャンス)を」

abematv

 副業解禁の動きは大手企業に限ったことではない。インターネットショッピングなどの事業を手がけるIT企業のエンファクトリー。CSチームマネージャーの山﨑俊彦さんに挨拶すると、2枚の名刺を渡された。

 「本業と副業の名刺を2枚持っております。(副業は)主にパグとかフレンチブルドックとか"鼻ぺちゃ犬"の洋服などを奥さんと一緒に作って販売しています」

 自宅でパグを飼い始めた時、首周りが太く既製品の洋服が入らなかったため、奥さんに洋服を作ってもらったという山崎さん。同じような思いをしている飼い主がたくさんいると思い、犬の洋服などを販売する副業を始めた。売り上げは1月35万円程度で、「ある程度成功はしている」という。

abematv

 しかし、エンファクトリーは副業解禁という形ではないそうで、「"専業禁止"と言っちゃおうかと。会社で機会(チャンス)が充足されるわけではない。色々外の機会(チャンス)も使って自分を成長させる」と加藤健太代表取締役社長。35人ほどの社員のうち、4割が副業を行っている。

 「だいたい今300万円くらいの月商になっている」と話すのは、本業ではマーケティングなどを担当する執行役員副社長の清水正樹さん。真相を探るべく休日に待ち合わせたのは、渋谷駅から徒歩2分のところにある「ちくちくCAFE」だ。清水さんに迎えられ店内をのぞいてみると、そこにいたのはハリネズミ。その愛らしさに女性たちはメロメロで、週末は140人が訪れるという人気スポットになっている。さらに、写真が撮れるドールハウスを用意するなど工夫を凝らしている。

 開店して半年。今ではお店の実務は従業員たちに任せ、清水さんは経営や新しい企画の提案に専念している。

abematv

abematv

 「まだ準備中なんですけど、ハリネズミバーをやろうかなと。夜の方がハリネズミは活発に動くので、夜来ていただけるようなそんな場にもできたら面白い。アイディアはどんどん出てくる」

 そんな清水さんに副業を始めた理由を聞くと、次のような答えが返ってきた。

 「世の中のスピードが速すぎて、10年後どうなっているのか正直わからない。なので、今できること・今興味のあることを精一杯やる。自分の頭で考えて、色々事業を作ったり大きくしたりという経験が、1つの会社だけでなく外でもできるというのは重要なスキルアップの術なんじゃないか」

 一生安泰なんてない――将来のため、副業では自分自身で生き抜く力を身につけていた。

■自らの趣味を副業に、売れることで芽生える"やりがい"

abematv

 自らの趣味を生かし副業に挑戦する人たちもいる。レンタルスペース・ホビーショップ「ブランイブウ」に集うのは、会社帰りのサラリーマン。熱心に作っているのはプラモデルだ。

 工具を借りられるこのレンタルスペースには、本格的なプラモデルを作りたい人が集まる。しかし、プラモデルと副業に何の関係があるのか。恵比寿信さん(仮名)は「完成品をヤフーオークションで出して、販売などをさせていただいています。お小遣い稼ぎ程度ですかね。あんまり大した額にはならないので」と説明する。

 恵比寿さんが作った中で、一番高い値段で売れたのは1万円超のプラモデル。しかし、その上には1体数十万円で売れる人もいるという。

abematv

 幼い頃からプラモデルを作るのが趣味だった恵比寿さん。去年の秋に作ったプラモデルをオークションに出品したところ思わぬ高値がついたため、今でもそれを続けているという。

 「たくさんこなしていくと自分の腕も上がる。自分の修行プラス小遣い稼ぎ。オークションで出しているので、競ってくれている方が嬉しい。金額上がったら認められているというのはある」

 恵比寿さんにとってプラモデル作りはまだ副業とは言えないようだが、近い将来に副業となるよう努力は怠っていない。

■メリットだけではなくデメリットも、副業の広め方は?

 副業にはメリットだけではなくデメリットもある。労働者にとって、収入の増加やスキルアップが望める一方、自分の時間の減少や保健等の手続きは複雑になる。企業にとっては、優秀な人材を獲得できたり人脈・アイディアの取り込みが増えたりする一方、情報漏えいや人材流出が懸念される。

 なぜ、政府は「原則禁止」から「原則自由」へと方針を変更したのか? ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏は「起業、新しく会社を立ち上げる人を増やしたい。アベノミクスで株価は上がったが、次の矢としては新しいビジネスが生まれることで日本経済の成長に繋げたい。ただ起業はなかなかハードルが高いので、まずは副業から新しい価値観を世の中に生み出そうという狙いがあると思う」と指摘。

abematv

 また、副業には賛成の立場ながらマネジメントの観点からは不安な面もあるといい、副業の広め方として「発想を少し変えて副業を受け入れますよ、うちの会社で副業をしてくださいと発信してもいいと思う。現にハフポストを副業として働いている人もいる。副業OKを自社の社員に認めるのではなくて、副業にうちの会社を選んでくださいというと企業も解禁しやすいのでは」と提示した。

 進む副業解禁。このチャンスを生かすも殺すも、自分次第かもしれない。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

(2018年5月11日AbemaTIMES「"副業解禁"の狙いは起業家の増加?"専業禁止"謳う企業も 見直される労働者と企業の関係」より転載)

副業を始めると、普段の仕事とは違う「アタラシイ時間」が生まれます。

ハフポスト日本版は5月に5周年を迎えました。この5年間で、日本では「働きかた」や「ライフスタイル」の改革が進みました。

人生を豊かにするため、仕事やそのほかの時間をどう使っていくかーー。ハフポスト日本版は「アタラシイ時間」というシリーズでみなさんと一緒に考えていきたいと思います。「 #アタラシイ時間 」でみなさんのアイデアも聞かせてください。