BLOG
2018年06月07日 10時16分 JST | 更新 2018年06月07日 11時02分 JST

「新品川」?「高輪」?山手線の新駅名を予想してもらった

発表は今年の冬頃を予定している。

 JR東日本が5日、田町駅と品川駅の間に建設し、2020年に開業を予定している山手線"品川新駅"の駅名を公募することを発表した。山手線の新駅は1971年の西日暮里駅以来、約40年ぶり。駅名を募集するのは初めてだという。

 Twitter上には、「近いんだからもう泉岳寺駅でいいじゃん」「品川駅から超近そうだし、品川北駅になるかな」「場所的に落語の芝浜ぐらいな気がするから芝浜駅がいいかも」といった意見が出ている。

 5日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、専門家に予想を立ててもらった。

 まず、田町不動産の矢野聡社長は「新品川駅」だと予想する。理由は、JR東日本が開発自体を「品川開発プロジェクト」と名付けており、駅名に「品川」が残る可能性が高いことを示唆していると考えられるからだという。また、鉄道ライターの土屋武之氏は「高輪駅」と予想。シンプルかつ伝統的な地名なので採用される可能性が高いとの見方を示した。

 さらに"カリスマ命名士"の高橋呂侑氏は「シンプルにいい名前。おしゃれ。東京オリンピック開催の年に開業なので、江戸という名前を使うことで日本のよさを改めて見直せるのでは」と、「江戸町駅」と"命名"した。

 駅名は応募数ではなく、すべての意見を参考に決定。採用された駅名を応募した人の中から抽選で100名にJR東日本のグッズがプレゼントされるという。応募は今月30日までWEBサイトと郵便ハガキで受け付けており、発表は今年の冬頃を予定している。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』の映像は期間限定で無料視聴が可能。