BLOG
2018年03月29日 14時34分 JST | 更新 2018年03月29日 14時38分 JST

橋下徹氏「一線越えたと思ったら訴えている」椎木里佳と"クソリプ厳罰化"を議論

「リツイートも本人の表現で責任があると思う」

 22日に放送されたAbemaTV『橋下徹の即リプ!』に出演した女子大生社長の椎木里佳が、「クソリプ厳罰化法案」を提言した。

 「卑猥な言葉や誹謗中傷をしてくる人たちに対してもっとちゃんと厳罰化してほしい。例えば死ねとか、凄まじいこと言ってくる。局部の写真を載せてくる人もいる。アカウントが凍結されてもまたすぐ復活して送ってくる。いたちごっこなので、どうにかしてほしい」。

 橋下氏は「テレビに出てる人や新聞社にいる人しか意見を言えなかったのが、ネットの時代になって、個人がいろいろな意見を言えるようになったのは良いことだと思う。でも簡単に言える分、いい加減なこともバンバン言える世界になっている。表現の自由を守るためにも、ネット社会ではもう少し厳しくやらなきゃいけないんじゃないのと思う」とコメント。

 「権力を持った人や週刊誌が事実誤認や名誉毀損してきたことに対しては闘ってきたんだけど、デマの拡散があまりにも酷い。最近も、僕が大阪府の職員を自殺に追い込んだという話が広がっていた。訴訟はやりたくないし、申し訳ないけど、"これは一線越えたな"と思ったら仕方ないと思って訴えている。今もデマを書いた本人じゃなくて、デマをリツイートしたジャーナリストを訴えている。"俺が言ったんじゃない、リツイートしただけ"という反論を受けているけど、拡散力がすごいから、僕はリツイートも本人の表現で責任があると思う。リツイートボタンを押す時に、それが大丈夫なのか注意して責任を持ってくださいくださいと社会に問題提起するために訴えている」。

 椎木は橋下氏の姿勢に驚きながらも、「最近の若い子の方が、アカウントを自分そのものだと認識していると思う。Twitterやインスタは自分自身、履歴書、プロフィールのように考えていて、責任が生じてくることもわかっていると思う」と話していた。(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

次回『橋下徹の即リプ!』は千原せいじをゲストに迎え、29日(木)夜10時から放送