BLOG
2018年02月11日 12時35分 JST | 更新 2018年02月11日 12時35分 JST

「身体の9割はうどん粉」年間500杯食べる“うどん女子”ライター・井上こん

ある時は1日に10食の「1人うどんリレー」を行うという。

AbemaTIMES

(20代前半から月数回の頻度で粉から麺を打って食す。お気に入りの麺切り包丁は、浅草の「かっぱ橋道具街」で購入)

井上さんが自身のブログ「うどん手帖」を通じ、うどんの魅力を発信し始めたのは2016年。「あまり知られていないのですが、私の出身地である福岡県は小麦粉の生産量が全国でもトップクラスのうどん県(平成29年度11月公表、農林水産統計によると北海道の608,000tに次ぐ49,400t)。小さい頃から母の作る澄んだダシとふわふわの柔らかい食感に慣れ親しんで、成人後も1日3杯、4杯は当たり前のペースで食べ続けていたら、ある編集者の方に『割とオーバー気味だよね』と指摘され......記録と発信のためにブログを書き始めました」。

ある時は1日に10食の「1人うどんリレー」を行うというが、31歳になり悩みも出てきた。「次第に代謝が落ち、リカバリーが追い付かなくなっています。体重もがっつり4~5㎏増えました。最近ではグルテンフリーという言葉も聞かれますし、『身体の9割がうどん粉』を自負する私としては、食物アレルギーには気を付けたいけど、止められそうにない。今では、うどんの為なら『少しくらいハゲてもいい』と腹をくくっています(笑)」と、確かなうどん愛と強い覚悟を語る。

最後にうどんの魅力を尋ねてみると、「蕎麦がサッと作って、パッと食べる刹那的な世界観だとしたら、うどんには麺をじっくり寝かせる熟成の深みがある。風味、押し返し、艶やかさなど、幅広い楽しみ方ができる総合芸術です。2016年秋には福岡の名店、うどん居酒屋「二〇加屋長介」が中目黒に出店。蕎麦が日本酒の肴なら、薄味のうどんは、ラーメンならぬお酒のシメに最適です」。雑誌やウェブ、テレビやラジオなどマルチに活躍する井上さん。今後も、うどん女子の活動に注目だ。

◇井上こん(いのうえ・こん)1986年生まれ、福岡県出身。雑誌やウェブメディアで執筆するフリーライター。自身でも打つほどのうどん好きで、各地での食べ歩きや取材の経験をテレビやラジオなどでも紹介する。過去の出演番組は日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」、テレビ東京「車あるんですけど...?」、「J-WAVE SEASON」など。自身のブログ「うどん手帖」でも情報発信中。

(C)AbemaTV

マジでヤバいモノが手に入る!買えるAbemaTV社 #2

(2018年2月9日「AbemaTIMES」より転載)