BLOG
2016年10月04日 22時10分 JST | 更新 2016年10月04日 22時10分 JST

タクシーのことはドライバーに聞け! マレーシアでタクシー事情を聞いてみた

さてマレーシアは車社会なので、僕のように自分の車がない人間には若干不便です。

停車中の運転席から失礼します。

実はGLAY大好きバームーです。運転中のBGMはGLAYしかないですね!

今、ハマっているのは「虹のポケット」です。

さてマレーシアは車社会なので、僕のように自分の車がない人間には若干不便です。平日は社用車で営業していますが。そんな時に役立つ移動手段といえば...

そう、タクシー!

日本では滅多に乗らない僕でも、マレーシアでは移動が多ければ一日3、4回乗るなんてことはザラです。

「海外でタクシーなんてこわーい」という方もいるかと思うので、今回はマレーシアのタクシー事情について書きます。

でも、ふと思ったのは、僕のタクシー体験談なんて一円の価値もないだろうな、と。そこでタクシーのことは、ドライバーに聞こうと!

タクシーの種類

マレーシアでは、大分類して3つのタクシーが存在します。

1. エコノミータクシー

いわゆる「普通のタクシー」。初乗り3リンギ。後に紹介するGrabというアプリ経由で予約すると2リンギの予約代がかかります。流しで乗ろうとすると、メーターを使わないケースもあるので要注意。

2. Uber

米国発の配車アプリ。一般ドライバーが登録して、自家用車をタクシー代わりにするサービスです。Uberではドライバーの個人名や連絡先も分かるので、エコノミータクシーよりも安心だというマレーシア人もいます。

値段は従量課金制(距離や時間に応じて値段が上がっていく仕組み)ですが、エコノミータクシーより割安です。最低価格は分かりませんが、近距離だと3リンギ程度で目的地まで行けてしまいます。

3. Grab

シンガポール発の配車アプリ。

これには主にふたつの機能があります。ひとつは、普通のエコノミータクシーを呼べる機能(その場合、運賃に2リンギが上乗せ)。次に、Uberと似た、一般ドライバーのタクシー登録サービス(Grab Car)です。

Grab CarとUberの違いは、Uberは従量課金制なのに対して、Grab Carは目的地までの料金が固定されています。遠回りされようが、どれだけ渋滞にはまろうが、最初に提示された金額から値段が変わることはありません。料金設定はエコノミータクシーよりも割安ですが、需要が多い時間帯には提示金額が上がります。

▼こちらがUberとGrabの現時点でのアイコン

それでは、それぞれのドライバーに話を聞いてみましょう。

エコノミータクシーに乗ってみた

上記の通り、流しで捕まえると値段交渉されることも多いのですが、Grabを使って呼べばちゃんとメーターを使って行ってくれます。

目的地は●●ね。

OK

(乗車前には、自分の予約で合っているか、念のため確かめます)

ちょっと聞きたいことがあるんやけど、いい?

俺は10年以上ドライバーしているぞ。何でも聞いてくれぃ!

エコノミータクシーはGrabを使って予約するとちゃんとメーターを回すのに、街中で捕まえるとまず値段交渉してくるのは、なぜ?

君はタクシーを捕まえたら、まず何て言う?

目的地を告げて、いくらか聞く。

それが良くないんだよ。

ん!?

目的地を言ったら、座ってメーターを動かせと言うんだ。それで動かしたらOKだし、動かさなければ乗り換える。それだけだ!

一度、こんなことがあったんだ。ある客を乗せたら渋滞がひどくて、かなり値段が高くなって文句を言われたんだ。「遠回りしたんだ」とね。こっちは普通にメーターを動かしていただけなのに、難癖つけてきた。こういうことがたまにあるから、少し混む時間帯や遠くに行く時は、先に直接交渉するドライバーもいるんだ。

(わりと一方的な主張だな)

ところで目的地はどこだっけ?

●●!

ごめん、ごめん。ちょっと忘れちゃったよ。

(大丈夫かな? 笑)

話を戻すと、乗客も「乗らない」という権利があるのだから、気に入らなければそれを行使すればいいんだよ。

ところでUberやGrabについてはどう思う?

保険がないのが怖いね。俺たちはライセンスをもっていて、政府からも認められているから(2016年8月時点、UberやGrabの一般ドライバーは違法)、事故などあった時の保証がある。でもUberやGrabには何の保証もないよ。そういうリスクがあるんだ。

なるほど!

仮にドライバーが、ドラッグや何か悪いものを車に載せていたらどうする?

そんなの想定したことない。

これも、GrabやUberならそれがドライバーのものか客のものなのか、証明ができないんだよ。そんな濡れ衣を着せられることもある。俺たちエコノミータクシーはプロだから、その点もリスクはないよ。

(運転手が運び屋というケースもありそうだが......)

まぁ、エコノミータクシーよりも安いけどね。

UberやGrabは安いぶん、リスクがあるということか。

ま、エコノミータクシーのドライバーも皆がいい奴ではないけどね(笑)。

Uberに乗ってみた

目的地は●●ね。

OK。

ちょっと聞きたいんだけど、あなたはUberドライバーがメインの仕事?

そうだよ! もともとマーケティング関連の仕事をしていたけれど、このあいだ仕事をやめてUberドライバー一本でやっているよ。

どう?

これは自営業のようなものだし、いいね。自分で自由にできる。お客さんは一日15〜20人くらいかな。

わりといいね。

何よりもボスの顔を見なくてもいいのが最高だね。

(笑)

あなた日本人でしょ? 俺、日本好きなんだ。いつか行きたいよ!

Uberで稼いで、日本まで来てちょーだい!

▶乗っていた車

Grab Carに乗ってみた

目的地は●●ね。

OK。ニホンジンですか?(日本語)

日本人ですよ! 日本語分かるんですか?(日本語)

ちょっとね。日本、好きです。(日本語)

ありがとう!(日本が好きと言われた時の返しがいまだによく分からない...)

ところで、普段もGrabをメインの仕事としているの?

違うよ。普段はCADを使った設計の仕事をしているよ。平日18~23時と、週末にドライバーをしてる。

すごい働くね!

1カ月で2000リンギ(約5万円)くらいかな。週末だと1日200リンギくらい。

▶GrabやUberでは助手席に座るのがルール

稼ぐねー! お金持ちになるやん。

お金がないから働いているんだよ。

Grabの良いところは、値段が最初に決まっているところだね。だから運転手も遠回りしようとしないし、渋滞になっても乗客も料金の心配をしなくてもいい。

そうだね。

エコノミータクシーは街中で捕まえると値段交渉してくるやん。これは僕らが外国人だから? ぼったくりを考えているの??

いや、相手がマレーシア人でも一緒だよ。「この時間は渋滞だから」とか言っていつも交渉してくる。

そうなんや。あと、エコノミータクシーとGrabの違いは保険だと、エコノミータクシーのドライバーが言っていたけどどうなん?

そうだね、それはあるね。

ドライバーが加入している保険がどうかによるということか。

今はGrabもUberも違法だけど、合法化の動きもあるしね。

お! でもそうなると、税金がかかってきたりして、料金が高くなるかもね。

良くないね...。

▶乗っていた車

まとめ

ちなみに僕のやり方は、こんな感じです。

 

1. UberとGrabで行き方と値段を調べる

2. 安いほうを選ぶ

3. どちらも高ければ、Grabを通じてエコノミータクシーを呼ぶ

皆さんもマレーシアで優雅な(!?)タクシーライフを!

~この記事を読んだ方におすすめの記事~

海外でも選挙に行こう!参議院選挙2016にマレーシアで投票してきた

日本滞在歴7年!早大卒のマレーシア人・Jさんに、日本のイメージについて聞いてみた!

マレーシア生活、HOW MUCH?誰もが気になるお金の話

ライター

バームー/BaMu

1986年京都出身。立命館アジア太平洋大学を卒業後、㈱リクルートエージェント(現・リクルートキャリア)新卒入社 。その後転職し、日系企業のマレーシアの拠点立ち上げメンバーとしてジョイン。 今まで訪れた海外の国と地域は18ヶ所。夢は宇宙旅行。好きな言葉は「今がすべての出発点」。個人ブログ「posi-log」では、ビジネスやキャリア系ネタを中心に、ジャンルに縛られずに不定期に発信しています。

 

2015-05-16-1431738338-789227-abroaders2015051609.41.07.png

週刊ABROADERSは、アジアで働きたい日本人のためのリアル情報サイトです。海外でいつか働いてみたいけど、現地の暮らしは一体どうなるのだろう?」という疑問に対し、現地情報や住んでいる人の声を発信します。そのことによって、アジアで働きたい日本人の背中を押し、「アジアで働く」という生き方の選択肢を増やすことを目指しています。

HP: 週刊ABROADERS

Facebook:ABROADERS