2018年11月19日 10時43分 JST | 更新 2018年11月19日 10時43分 JST

日本の「文具」が海外で大人気。世界をフィールドに働きたい人に

消せるボールペンや、高機能シャープペンが注目されています

「ペーパーレス化」「教育現場へのタブレット導入」など、文具を取り巻く状況は大きく変化する。そういった中でも、大手文具メーカー各社の売上は堅調だ。その背景には、各社が仕掛ける新たな展開がある。取り組み内容と関連求人について見ていこう。

マーケティング・商品企画を強化し、新シリーズを生み出す

消費者ニーズが多様化する中、文具メーカー各社には新たな発想で商品開発をすることが求められている。

たとえば、その一例と言えるのが高機能シャープペンの存在だ。芯が回転してとがり続ける『クルトガ(三菱鉛筆)』、芯が折れない『オレンズ(ぺんてる)』など、各社は新技術を搭載した商品を次々開発している。1本500円~1000円するような高価格帯商品が販売数を伸ばした結果、2016年度のシャープペン市場規模は155億円(前年度比3.3%増)へと拡大した(*1)。

また、ターゲットに合わせた商品展開にも注目したい。たとえば、キングジムは女性向けの文房具ブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』を展開。カラフルでかわいい商品は、SNSでも反響を呼び人気シリーズとなっている。

販売チャネルも増える中「どんな商品に需要があるか」「どう売り出していくか」をいかに戦略的に考えるかが、文具メーカーの今後を左右すると言えるのかもしれない。

積極的な海外進出、世界で売れる日本の文具

さらに、文具メーカーは海外展開にも積極的だ。実際に、大手文具メーカーは売上の大部分をすでに海外売上が占めているように。一例をあげれば、パイロットは全売上の約65%が海外売上によるもの、三菱鉛筆は約45%という数字になっている(*2)。

文具に限らず、家電メーカーや車メーカーなど製造業界各社が海外展開に注力しているが、中でも文具メーカーの海外売上比率は高い数字と言ってよいだろう。

こうした中、海外で爆発的な人気を誇る商品も増えている。たとえば、文字を消せるボールペン『フリクションシリーズ(パイロット)』は発売から8年で販売数10億本を突破した(*3)。『サラサクリップ05(ゼブラ)』『ジェットストリーム(三菱鉛筆)』といったボールペンの類も、海外観光客などから人気を集めている。

また『キャンパスノート』で有名なコクヨは2000年以降、中国・インド・ベトナム・タイで工場やショールームを次々と開設し、アジアへの展開を加速している。文具メーカーの海外展開は、今後もとどまることはなさそうだ。

商品開発・流通の両方で、採用強化の動き

たとえば『MONO消しゴム』で有名なトンボ鉛筆は、2018年7月現在でリサーチャー・販促プランナーを募集していた。また、他メーカーでは海外営業、パッケージデザインなどの求人も見受けられた。

消費者ニーズが多様化する今、文具メーカーでは商品企画や販売戦略への工夫が求められている。文具好きな方にはもちろん、海外をフィールドに活躍したい人にとっても、文具市場は刺激的なフィールドと言えそうだ。

(*1)文具・事務用品市場に関する調査を実施(2017年)│矢野経済研究所

(*2)2017年段階

(*3)「フリクション」シリーズ世界累計販売本数10億本突破│パイロット プレスリリース

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル | 話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

CAREER HACK | WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

転職エージェントなら 【エン エージェント】 エンジャパン