2018年11月26日 10時40分 JST | 更新 2018年11月26日 13時20分 JST

タクシー業界へ参入相次ぐ 技術がもたらす「変化の波」

「データアナリスト」など、これまでなかった求人も

今、タクシー業界がおもしろい。配車アプリ、AIによる需要予測システム、車内オンライン広告...など新たなサービスが次々に登場。また、トヨタ、ソニー、ソフトバンクなど、さまざまな企業が市場参入や提携を進めている。そこで今回、タクシー関連サービスを展開する企業の求人募集に注目した。

新規タクシー関連サービス、ぞくぞくと。

今、急速にテクノロジーの活用が進んでいるタクシー業界。最近の動向について、見ていこう。

注目していきたいのが異業界大手企業によるタクシー事業への取り組みだ。たとえば、トヨタがKDDI、アクセンチュア、Japan TaxiとAIを活用した配車システムの開発を手がけている。ユニークなのが、タクシーの需要予測。タクシー運行実績、イベント、気象情報、公共交通機関の運行状況などあらゆるデータを活用。すでに実証実験を開始している。

また、ソニーがタクシー関連サービス開発運営を行なう新会社を設立。さらにソフトバンクがUberや中国の配車サービス大手「滴滴出行」に出資するなど、さまざまな動きがある。

この記事に関連する求人はこちら

タクシー業界、変わる広告の形

これまでタクシー事業を展開してきた企業も変化が求められている。そこで強化されているのが、新サービスの開発だ。大手タクシー会社の日本交通の子会社であるJapan Taxiは、フリークアウト社と「車内広告のデジタル化」を推進。2社の合弁会社であるIRISが、車内のデジタルサイネージ「Tokyo Prime」を展開。動画広告の配信を行なう。

広告に関連し、今後の展開として注目したいのが、Googleが提供する「DoubleClick Bid Manager」からの動画広告の買い付けを可能にしようという動き。つまり通常のデジタル広告のようにオンライン上で広告の買付や効果検証を可能にするということ。現在、大手ブランドの広告出稿も進んでおり、サービスの広がりによってさらなる価値の向上が期待できそうだ。

タクシー関連のテクノロジー企業、人材募集を活発化

タクシー業界の変革が進み、テクノロジーの活用が進むなか、関連企業による募集も活発化している。募集されている職種はさまざま。以下、一例を紹介しよう。

・プロダクトセールス

・新規事業立ち上げ

・アプリマーケティング担当

・ビジネスプロデューサー

・データアナリスト

・サーバーサイドエンジニア

・データサイエンティスト

など。

大きな変化のときを迎えているタクシー業界。テクノロジーの活用による、さまざまな事業やサービスも立ち上がっている。ぜひ実際の求人をチェックしてみてほしい。

この記事に関連する求人はこちら

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル | 話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

CAREER HACK | WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

転職エージェントなら 【エン エージェント】 エンジャパン