アートとカルチャー

『ハウルの動く城』の放送に合わせた特別企画。ジブリ公式アカウントから、鈴木敏夫さんが作品にまつわるたくさんの“秘話”を明かしました。
細田守監督の新作アニメ映画の情報と予告映像が解禁。『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』などのキャラデザインを手がけたジン・キムが参加することが明らかにされました。
4月2日は、国連総会で定められた「世界自閉症啓発デー」。日本人の少年によるエッセイが原作となった映画『僕が跳びはねる理由』は、自閉症当事者の豊かな内面と繊細なまなざしを映し出す。
こんなもふもふカーにいつか乗りたい…!
城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんが会社を設立しました。新たなスタートを切ったTOKIOのこれからに注目が集まっています。
制作時間はたったの10時間。色鉛筆画家のRan♡さんは「過去最高の仕上がりです」と話しています。
長きにわたって番組が続いているひけつはどこにあるのか、変わることと変わらないことを聞いた。
笑いやユーモア、拡張現実(AR)が実現する「心のバリアフリー」とは? THEATRE for ALLにアーティストとして参加するAR三兄弟の川田十夢さんと、車椅子Youtuberとして活躍し、ナビゲーターを務める寺田ユースケさんが話し合いました。
PRESENTED BY THEATRE for ALL
母・響子さんが、木村花さんの死は番組での「過剰な演出」がきっかけでSNS上に批判が殺到したためだとして、人権侵害があったと申し立てていました。
「理由もなく罵声を浴びせられたり、容姿を馬鹿にされたこともありました」などとこれまで受けてきた差別も明かしています。