アートとカルチャー

ロシアによるウクライナ侵攻が連日報じられていますが、そうしたニュースに触れることで、メンタルヘルスに影響を与えることもあります。
かつては「奇抜で邪道」と言われてきた現代風雛人形が、ここ数年で人気を集めています。そこに込めた思いとは?
「女性だから雛人形、男性だから五月人形を好きにならなければいけないということはないと思います」。長く雛人形に向き合う人形師の言葉が、グッときます。
「ウクライナへの侵攻に大変心を痛め、速やかな武力行使の停止を願っております」とし、ロシアによる軍事侵攻を止めるよう求めた。
アメリカの人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』での一幕。コントの代わりに歌唱したのは、ウクライナからの移民によって設立されたアマチュア合唱団だ。
「プールを休むと『生理?』と聞かれる」「セーラー服を着られない」。トランスジェンダー男性の中学生のリアルな葛藤、希望のあるストーリーが描かれています。
長年のファンからは「お互い高校生、中学生だったのに今では20歳超えてる」といったコメントも寄せられています。
「『みんなが喜ぶ』と言われると私は無理をしてもがんばってしまう」。Coccoさんの「自分の幸せを第一にする」という選択を応援する声が相次いでいる。
春のデートやパーティー、デニムなど、7つのテーマでのコーディネートが、ファッションの参考になります👀
受験と子育て、両方を経験している工藤さん。受験生や家族に「一生懸命頑張った自分を誉めて」とエールを送っています。