profile image

Emanuel Pastreich

エマニュエル・パストリッチ アジアインスティチュート研究所理事長、地球経営研究院院長。

ソウルにある慶煕大学教授を経て、現在、地球経営研究院院長、アジアインスティチュート研究所所長。東京大学で日本古典文学を専攻後、ハーバード大学で東アジア言語文化学博士学位を取得し、イリノイ大学(University of Illinois)の東アジア文学助教授を務めた。文学研究のほか、環境問題、国際関係、科学技術などに幅広く文章を書いている。本を6冊出版しているほか、韓国の朝鮮日報、文化日報、国民日報、韓国経済新聞、毎日経済新聞のコラムニスト経験もある。ブログ「CIRCLESANDSQUARES.ASIA」を運営。
日本の平和憲法は「過去」ではなく「未来」である

日本の平和憲法は「過去」ではなく「未来」である

過大な軍事力によって深刻な問題に直面するアメリカを日本の安全保障戦略のモデルにしようとするのではなく、むしろ、すべての専門家が合意する安全保障上の脅威に焦点をあてて、より建設的な方向へと行動すべきだ。
2015年08月13日 23時50分 JST
ラッセル-アインシュタイン宣言60周年にあたっての呼びかけ

ラッセル-アインシュタイン宣言60周年にあたっての呼びかけ

ちょうど60年前、バートランド·ラッセルとアルバート·アインシュタインをはじめとした指導的知識人たちが共産主義陣営と反共産主義陣営による世界戦争へと向かう歩みを非難する宣言を作成し、これに署名するためにロンドンに集まった。
2015年07月08日 21時46分 JST
北東アジアは「危険な地域」なのか

北東アジアは「危険な地域」なのか

米国の雑誌を読むたびに北東アジアが「危険な地域」と表現され、驚いたりする。おそらく好戦的な北朝鮮や韓日中間の歴史・領土紛争のため、大きなリスクが伴う地域という意味が込められているのだろう。
2015年02月27日 17時19分 JST
誰も知らない北朝鮮の脅威

誰も知らない北朝鮮の脅威

現在行なわれている朝鮮半島の生態系修復は、朝鮮半島の統一よりもはるかに時間がかかることである。
2015年02月17日 00時53分 JST
庫布其(クブチ)砂漠と生態系の復元

庫布其(クブチ)砂漠と生態系の復元

庫布其砂漠は今も800キロ離れた北京に向かって容赦なく東侵している。もし砂漠の東侵をこのまま放置すれば、遠くない将来に、中国の首都北京まで占領されることになるだろう。
2015年02月08日 23時08分 JST
東アジア――武器よさらば!

東アジア――武器よさらば!

現在、東アジアは無数の課題を抱えている。東アジア諸国は領土問題、歴史認識、天然資源、さらには環太平洋の勢力均衡をめぐり互いに争っている。これらの課題すべてに対し、アメリカはつねに紋切り型のアプローチ、すなわち自由貿易と軍拡という薬を処方してきた。
2014年10月20日 11時14分 JST
フェイスブックと将来のグローバル・ガバナンス

フェイスブックと将来のグローバル・ガバナンス

私たちに実行意思と地球的危機への責任感があれば、フェイスブックというプラットフォームは、民主的なグローバルガバナンスの合法的な形態に変わっていける可能性を秘めている。
2014年08月20日 22時08分 JST
通貨融合する「エコ通貨」

通貨融合する「エコ通貨」

今後、十年間、地政学的な側面において起こりうる変化や国際貿易体制において現れうる不安定性を考慮する場合、現行の金融システムを改善する必要がある。これは新たな金融システムが必要だと言う意味でもある。今後、登場するであろう金融システムの核心は環境と金融との調和だ。
2013年10月19日 16時19分 JST
福島原発事故への世紀にわたる対応

福島原発事故への世紀にわたる対応

もし、従来の機関(NGO,政府、企業、金融組織など)が前例のない人類が直面する危機に対処できないとなったときには、われわれ自身が、社会的ネットワークをつくり、それを土台に、革新的なアイデアをつくり出すのみならず、その解決策の実施をも行う必要がある。
2013年09月10日 16時39分 JST
迫ってくるデータ危機:

迫ってくるデータ危機: 情報憲法は必要か

最近、アメリカでは、情報機関である国家安全保障局 (National Security Agency) が、アメリカ国内の一般国民を対象に不法でスパイ監視行為をしたことが公開され、大きな波紋を呼んでいる。特に、連邦公務員、及び、政府とさまざまな形態の契約を結び、勤務する関連業者はインターネットの監視技術を悪用、または濫用することに対する厳しい批判的な反応を招いた。ところが、このような複雑な問題を単に倫理的な次元においてのみ扱うなら、私たちの社会にすこぶる大きい影響及ぼす現象を見落とす恐れがある。
2013年08月22日 16時24分 JST
太平洋への転換から緑の革命へ:

太平洋への転換から緑の革命へ: 気候変化を最大脅威と見なして

砂漠化の脅威はすでに数多くの人達の命を奪い取り、これから数十年以内により多くの人達の命を奪っていくように思われる。しかし、一部の命を狙うテロリズムやミサイル攻撃といった安全保障の脅威ほど、大きい関心や支援が得られていない状況だ。
2013年05月30日 18時13分 JST